« 良いお年をお迎えください | トップページ | 2016年の終わりに  あずさ50年 »

2016年12月31日 (土)

446.過ぎ行く2016年…

 2016年も間もなく終わろうとしています。おかげさまでこの1年、無事に終わることができそうです。これも皆様のご厚情のおかげと感謝しております。2016年の漢字は「金」が1位となりました。リオ五輪での日本選手の大活躍に象徴されるように、明るく希望に満ちた日本への期待というのが選考理由のひとつのようです。来たる2017年が皆様にとりまして「金」のような輝きに満ちた年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

52822

 写真は19822月に渡道した際に立ち寄った湧網線です。前年に続いて特定地方交通線を中心に道内をめぐりました。遠軽からの1番列車で現地に向かい、網走からの1番列車を捕獲したものです。氷結したサロマ湖は雪原のように写ってしまうので、単調な風景になりがちですが、この時は朝焼けに助けてもらいました。あれから35年、またまた北海道の鉄道がピンチに陥っています。JR北海道の発表どおりにことが進んでしまうと名寄・旭川・釧路から先の線路がなくなってしまいます。鉄道のような重要なインフラを一企業の経営都合によって存廃を決めてしまっていいものか考えさせられてしまいました。あくまで個人的な見解ですが、国や地域も含めた真剣な議論を重ねたうえで結論を出すべきではと思います。一度めくってしまった線路は二度と蘇ることはないので、将来に悔いが残るような結論に至らないことを祈る次第です。
【1982.2 湧網線 芭露~計呂地】(電車運転士)

 

 

 

 

|

« 良いお年をお迎えください | トップページ | 2016年の終わりに  あずさ50年 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 今年1年、大変お世話になりました。特に年末になって、なぜか何度か、偶然の出会いがありましたね。まあ、それだけ行く場所、時間が限られている、ということでしょうか。来年も宜しくお願いいたします。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年12月31日 (土) 22時54分

大サロ、カシクル、最後は飯山線と、何かとお世話になりました。
年末になり、北海道の窮状が降ったように表面に出てきましたが、こうなる前に手の施しようはなかったのでしょうか。メディアもネタとしては取り上げるのに、線路がなくなってしまったら取り上げることも旅行番組を作ることもできなくなってしまうのに・・。かく言う私も北海道で鉄道を利用して移動したのは、学生時代だけでした。それでもなんとか残してほしい、そう思って止みません。希望を次の年に託したいと思います。
なにはともあれ今年一年ありがとうございました。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年12月31日 (土) 23時17分

旧年中はお世話になりました。コメント出す時間が午前0時を過ぎていたので、「ことしも」宜しくお願いします。
この画像、まさに“神、降臨”。車両に陽が当たらない点は逆にシルエットにして存在感を主張していますが、なんと言っても背景の光線状態!計算外の出来事に、してやったり。場数を踏んだカメラマンの勝利です。
北海道の鉄路の存亡の危機です。もはや公共性はどこへやら。移動に不便を強いられる沿線地域はより過疎化が進行し、荒地が拡大して、やがて大地は自然に帰る・・・。複雑な気分ですが、いつかは鉄活動目的オンリーで渡道したいですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2017年1月 1日 (日) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64701700

この記事へのトラックバック一覧です: 446.過ぎ行く2016年…:

« 良いお年をお迎えください | トップページ | 2016年の終わりに  あずさ50年 »