« 福武線の秋 シュツットガルトと紅葉と | トップページ | さよなら 「あすか」 »

2016年11月15日 (火)

翌々日の福井鉄道

 今年3月に田原町でえちぜん鉄道の相互直通が開始され、あわせて低床車のフクラムとえちぜん鉄道のキーボと名付けられた低床車が本格稼働を始めた福井鉄道。あわせて、土日にはレトラムと名付けられた元ドイツ・シュツットガルトの連接車が運行されていて、同業者の注目を集めているようです。その様子は、検査掛さんの記事でご覧いただくとして、ここでご紹介するのは、その翌々日に見られた、まもなく福井で見られなくなるであろうシーンです。

 え、3月に大きく変わったばかりでないの?今更、何が変わるの?と、思われるかもしれないですが、実はそうした思い込みに落とし穴があるのです。

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20161115/CK2016111502000015.html

 11月15日の福井の新聞で、このような記事が紹介されました。現在、3編成が稼働しているフクラムの4編成目が12月に入線し、年明けから稼働を始めること、そしてそれに伴い、名古屋市交通局の1200形を改造した610形が廃車になることが報道されたのです。

 検査掛さんが福井を訪れた翌々日、幸運にもこの610形が動いている様子を見ることができました。

_5d37683
_5d37702
 廃車を予定しているためか、塗装ははげおち、前日に越前武生で見たときには、廃車留置かと思ったほどの状態の悪さです。もっとも、地元の方の話では、田原町行きの急行のスジに結構入るときがあるとか。最後のご奉公、というところでしょうか。

 610形は廃車になるとして、気になるのがオリジナルの急行車、200形の将来です。すでに3編成のうち、2編成が廃車になり、残った1編成も北府で留置されていました。しかし、低床車の当面の増備が4編成で終了し、その代替廃車の候補となっていない、ということは、将来的に動態保存を兼ねた予備車として残る可能性もあると言うことです。さて、どうなるでしょうか?

 さて、4編成目の低床車の増備で、ひっそり消えそうなものがあります。770形のえちぜん鉄道への乗り入れです。

_5d37669
 この写真を見て、どこ行き?と思われた方、鋭いです。福井駅前でも、田原町行きでも、越前武生行きでもありません。鷲塚針原というのは、えちぜん鉄道の駅で、三国芦原線の九頭竜川を渡った北側にあります。田原町から、そこまで直通運転をしているのですね。

 この直通運転には基本的に低床車のフクラムが使用されるのですが、3編成のうち、なぜかF1003編成には直通運転に必要な無線関係の機器が取り付けられず、770形2編成が予備車になっていました。その後、770形1編成の機器をF1003編成に付け替え、現在ではF1003編成もえちぜん鉄道に乗り入れできるようになっています。反面、2本目の予備車となった770形がえちぜん鉄道への乗り入れは、もう見られない、と思ってました。それが幸運にも、訪れた日に運行されていた、というわけです。

 となると、これを撮らなければいけない、というわけで、乗り入れ区間の終点である鷲塚針原まで行って、えちぜん鉄道の車両と並ぶところを撮影してきました。

_mg_0321
 ついでに、比較のために、えちぜん鉄道のキーボとの2ショット。これと比べると、770形は相当小さいです。

_mg_0235
 おまけに、3月に撮った写真だけれど、フクラムとの2ショットも。実は、フクラムとキーボ、同じように見えるけれど、中が随分違ってます。じっくり乗り比べて確認してください。

_mg_7055

 フクラムの第4編成が登場すると、現在の770形の直通関係の機器を転用するのではないか、と噂されています。その噂通りになると、770形の直通運転も年内限りで見られなくなるわけです。

 こちらも撮るならいまのうち、なんだけれど、問題は撮影に行ったときに直通急行で770形が走るかどうかなんですよねぇ。こればかりは運次第、です。(駅長)

|

« 福武線の秋 シュツットガルトと紅葉と | トップページ | さよなら 「あすか」 »

コメント

エッ何日福井におられたのですか?偶然とはいえ挨拶もそこそこに失礼しました。
770形も乗入れできるのですね。不勉強でした。しかし、それを捉えるのはハードルが高そうですね。しかし、現行の日中時間1本の乗り入れでどれほどの直通客がいるのでしょうね。このようなお話を伺うとまた近いうちに訪れたくなります。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年11月15日 (火) 16時49分

福鉄とえち鉄の相互乗り入れを取り巻く背景に、こんな事情があったとは知りませんでした。単に車輌運用を限定しているだけではないのですね。そういえば名鉄の車両が導入されてからは福井鉄道もご無沙汰です。大きく変化する前に一度は訪れておかないといけないです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月16日 (水) 10時21分

最近何かと話題提供の多い福井エリアですが、いろいろと細かい変化があるようで、興味深いです。フクラムの第4編成の桜色、なかなかいい感じですね。桜と絡めてみたいです。610型もそうですが、200型の去就が気になります。廃車にならずに復活してくれることを望むばかりです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年11月19日 (土) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64496168

この記事へのトラックバック一覧です: 翌々日の福井鉄道:

« 福武線の秋 シュツットガルトと紅葉と | トップページ | さよなら 「あすか」 »