« 2016年秋 6883レの運転が始まる頃 | トップページ | 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 »

2016年11月 6日 (日)

木曽谷 紅葉狩り日和

11月5日は快晴。久しぶりに気合いを入れて少し遠征しました。紅葉求めて木曽谷まで、丸一日の鉄日和。

好天気なのに木曽谷まで脇目も振らずに直行するのは勿体ないので、行きがけの駄賃6883レを撮りながら向かいましょう。最初の目的地は瑞浪ー釜戸。そういえば6883レは定番撮影地付近で上り普通と被りそうなスジです。今まで“被害”を受けた方はいらっしゃらないでしょうか?取り越し苦労なら良いのですが。そんなリスクを回避しようと今回は定番撮影地から瑞浪寄りの築堤区間に移って待機しました。

01 周辺は山の影に覆われていましたが、通過10分前にはどうにか朝陽が当たるようになりました。画面下の建物等が多少目障りですが、山の影のおかげで目立たずに済んだのは幸いです。光線状態や周囲の風景など比較すると、やっぱり定番撮影地に軍配が上がりますね。先頭は広島更新風塗装の1049号機、前日の5880レからの運用です。

それでは6883レを追いかけます。次の目的地もド定番のお立ち台です。僅かでも紅葉の景色を期待しましたが、やはりまだ早いですね。

02 本命の直前には3088レが通過します。この日は重単との目撃情報があるので、後追いでも少しはサマになります。

03 ここで6883レを撮るのはなんと初体験。ベストな光線に大満足です。広島色効果なのか、同業者も大集結しました。撮影後、そそくさと機材を片付けてさらに追いかけます。

04 3度目は薮原ー宮ノ越で紅葉バックのアングル。色具合も天候も文句なしの条件で、期待に応えてくれました。お見事。ただ6883レはこの付近でも上り列車「しなの」と被りそうなスジなので、気が気でなりません。結果は、6883レの十数秒後に「しなの」が通過、いや~危ない。

それにしてもキレイな紅葉。ちょうど見ごろを迎えているようです。せっかくなのでこの付近にしばし留まることにしました。

05 先の検査掛様の記事にならって自分もJR東日本の211系を跨線橋から失礼。

06 3084レも同様にならおうと撮影ポイントに移動したら、駅長様にお会いしました。好条件がこれだけ揃ったところにやって来たロクヨン貨物、遠征した甲斐がありました。

07 3084レの数分後にやって来る「中山道トレイン」にもカメラを向けましたが移動時間が少ないため苦し紛れのアングル。373系なのであまり写欲が湧く被写体ではありませんが、滅多にここまで入線しないので記念撮影ということで。

08 続いて、少し場所を移して同列車の木曽福島への回送を狙いましたが、サイドには陽が回ってきません。まぁわかっていたことでしたがやっぱり順光位置を選ぶべきでした。紅葉の背景でお許しください。

11 せっかくここまで来たので、午後から催される王滝村松原スポーツ公園での森林鉄道体験乗車会にも足を向けました。現地ではすでに駅長様がスタンバイしておりました。

12 実はここを訪れたのも初めての事で、勝手が全く分からないので駅長様に指南を受け、20分間隔で往復運行される“列車”の撮影にさっそくトライです。

09
10 御嶽山の姿もよく見えました。木々の色付き具合もまさに見頃です。ついシャッターを押す手に力が入り、撮影コマ数もうなぎ上り。「メモリ不足になるよ~」とは、以前に撮影参加されたメンバーの方からのエピソード。納得です。

13 10月に催されたイベントの反動なのか、カメラマンの姿はそれほど多くなく、おかげで自由に撮影を楽しむことができました。

14 つい欲張り根性に火が点いて“徒歩”追っかけしながら行ったり来たりの繰り返しは、運動不足が祟り、さすがにしんどくなってきました。だから敷設場所が「スポーツ公園」なんですね(そんなわけない)。
14:20発の列車は、体験乗車の希望者が現れずにウヤとなりました。そろそろ「中山道トレイン」上り列車の時間が迫ってきたので、ホームに留置中の編成を撮影して切り上げました。駅長様、ご挨拶もせずに退散して失礼いたしました。

時刻は15時を過ぎて陽も傾きつつあります。山の影が迫って来るので撮影場所をよく選定しないといけません。そこで過去に載せられた検査掛様の記事を参考に、上松駅北方のカーブに一か八かで向かいました。

15 できるだけ駅に近い側にポジションをとれば山の影を回避出来そうです。ヘッドマークも今年バージョンのデザインなのでこのアングルを選びました。

16 帰りがけの駄賃は伊奈川で81レの撮影です。時間的に陽が当たらないのは電車運転士様の過去の記事で予習済み。ただし前走りの「しなの」なら夕陽が当たるようなので、ギラリを狙いました。もっと絞ればドラマチックな効果が現れたのに~?

17 ということで81レ通過時は太陽も沈み、露出も下がり、単玉レンズで明るさを稼ぎました。

今回の撮影行は、当ブログの過去の記事が大いに役に立ちました。今後もデータベースとして活用できるよう、皆様の記事を楽しみにしております。(王滝村がクセになりそう?出札掛)

|

« 2016年秋 6883レの運転が始まる頃 | トップページ | 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

木曽谷紅葉狩り、お疲れ様でした。一週間でだいぶ紅葉も進みましたね。EF64狩りには今秋もう一度出かけたいと思っています。王滝はやっぱり公民館まつりの紅葉が一番ですね。今年は所用で行けませんでしたが、来秋はフェスもないので、是非こちらも訪れたいと思います。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年11月 7日 (月) 19時04分

好天に加えて見頃になった紅葉と盛り沢山のメニューで充実した1日だったことと思います。せっかくの穏やかな秋の1日でしたが、休日出勤に重なってしまい身動きがとれませんでした。王滝の紅葉は見応えがあるので、残念です。来シーズンは何としても参戦したいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年11月 7日 (月) 21時11分

 薮原と王滝ではお世話になりました。王滝では最終まで撮って、帰りに伊奈川を見に行ったのですが、居ましたっけ?天気も良く、どうしようか迷ったのですが、81レでは通過時に太陽が沈んでしまうだろうと思って、帰ってきてしまいました。帰りには中央道が渋滞で、多治見で降りても時間がかかり、こんなことなら伊奈川で撮影してから変えれば良かったと反省です。今年の紅葉はもうひとつだったので、また、来年再履修かなぁ。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年11月 8日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64454087

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽谷 紅葉狩り日和:

« 2016年秋 6883レの運転が始まる頃 | トップページ | 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 »