« 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 | トップページ | 435.秋色通信2016 【飯山線C11試運転 2号車】 2016/11/9 »

2016年11月10日 (木)

久しぶりの都電撮影+α

 所用で東京に行ってきた。東京に行く機会は少なからずあるが、時間に余裕があるときには、当然ながら、どこか鉄道を見てくることになる。最近は、というと、北斗星やカシオペアの廃止などのネタものに引きずられ、東北線の線路脇に立つことが多かった。今回は、タイミングがあわず、カシオペアの運転はない。そこで、何を撮ろうかと考えている内に、しらばく都電荒川線を撮っていないことに気がついた。そういえば、8900形なる新造車が出ているようだし、主力車だった7000形も足回りや制御機器を更新した車両が走り始めているという。目的地は上野なので、JRと接続する王子も便利である。ということで、新幹線を降りて、王子に向かうことにした。

 ご存じのように、荒川線の多くの区間は鉄道のような新設軌道で、道路上を走っていない。しかし、路面電車である以上、やはり道路上を走る区間で撮りたいし、その方が線路から離れて撮ることができる。

 そこで、まず向かったのは、王子と飛鳥山の間の併用軌道区間である。ここは、広い道路の真ん中に軌道が敷かれている。

_5d36924
 まず、やってきたのは7000形のトップナンバーである7001。昭和30~31年に製造された7000形の間接制御車をワンマン化に際し、昭和52~53年に車体更新した車両である。この7001は、平成25年にかつての都電色にされている。

_5d36947_2

 この7000形の車体を活かし、制御機器と台車を8800形と同じものに換装した更新車が7700形で、平成28年5月に登場した。現在、4両が稼働しており、さらに年度末までに4両が入線するという。その折には、7000形の未更新車はなくなることになっている。

 この飛鳥山とともに代表的な併用軌道の区間が、小台と熊野前の間である。比較的狭い道路の中央に軌道が敷かれていて、雰囲気は良いのであるが、軌道と車道の間はブロックで遮断されたセンタりザーべーションとなり、さらにそのブロックには草が生え、また、秋とあって建物の影が落ちて、何とも撮りづらい。

_5d36963
 この車両は8900形で、平成21年に運転を始めた8800形と機器は同じであるが、車体が直線的に変わっている。昨年9月から運転を始め、現在は8両が運行している。

 着いた日の撮影はこれで終わり、東京に一泊して、車両がたくさんでる朝のラッシュ時を見ることにした。それらをどこで撮るか迷ったが、前日に撮影した小台の付近は撮りづらかったことから、ほんのわずかな区間であるがすっきりした併用軌道がある大塚駅の巣鴨新田側で撮ることにした。

_5d36978
 朝の通学時とあって、山手線から降りた学生や通勤者が都電の線路を横切って歩いて行く。

_5d37050
 上の写真の反対側がこのカット。併用軌道区間は、この1ブロックだけであるが、すっきりした構図で写真が撮れる。タイミング良く、初見の8900形と7700形が並んでくれた。

_5d37001

 更新工事に伴い、稼働する7000形は5両に減っているようであるが、その中で7001とともに塗装が異なった車両が7022。平成17年から、登場時の塗装に変更されている。

_5d35242
 これは1年前の様子。ピーク時にはたくさん見られた7000形の姿も、いまではほとんど見られない。こんなに急激な変化が起こっているとは、思わなかった。

 1時間ほど撮影し、朝のラッシュ時も終了したので、次なる目的地として来年2月の引退を前に、100形110が9月に青とクリームの旧塗装となった箱根登山鉄道を見に行くことにした。真面目に撮影するのは、おそらく30年ぶりくらいであろうか。

_5d37134
 とりあえず宮ノ下まで乗ってみたが、狭い谷間を走るため、撮影するところは大幅に限られる。おまけに、宮ノ下で狙いとしてた旧塗装車と行き違ってしまった。

 結局、まともに撮れるのは大平台の進入くらいしかなさそうだ。そこで、大平台に戻り、旧塗装車を撮影する。強羅側についてくれれば絵になるのだが、残念ながらこの場所では湯本側である。

_5d37154
 もう少し、条件の良い場所で撮りたかったが、適切な場所がない上、天候が悪くなって来たため、1本撮るだけでやめてしまった。もう少し、撮りたかったが、山中で天候が悪いとあっては、いかんともしがたい。まあ、1枚だけでも撮れたから、良しとすべきかなぁ。(駅長)

|

« 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 | トップページ | 435.秋色通信2016 【飯山線C11試運転 2号車】 2016/11/9 »

コメント

都電も知らないうちに世代交代が進んでいるんですね。勉強不足を痛感しました。7000系は風前の灯みたいですが、オリジナル色と旧都電色がゲットできたのはラッキーでした。自分的には箱根登山は長い間ごぶさた状態です。これからは紅葉が終わって冬枯れの景色になってしまいますが、後で悔いが残らないよう、110号車が引退する2月までに訪問しておくべきかなと思いました。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年11月11日 (金) 16時03分

まだ都電の姿を間近でカメラに収めたことがありません。ブルトレ系も消滅したことだし、上京した際にはそろそろ目を向けないといけないようです。そういえば箱根登山の旧塗装も出現したのですね。LSEとセットで撮影できたら効率も良さそう。同業者が押し寄せないうちにプランを考えておかなくてはいけません。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月11日 (金) 22時22分

都電!撮ってませんねぇ。そもそも最近ゆっくり東京で過ごしたことがありません。だいぶ顔ぶれが代わっているようだし、最近は自分も別な面で路面電車にかかわっているので、一度は行ってみたいなぁ。
箱根登山は駅長様の上を行くご無沙汰ですが、味のある電車でもありますし、撮りに行きたいです。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年11月15日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64471557

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの都電撮影+α:

« 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4 | トップページ | 435.秋色通信2016 【飯山線C11試運転 2号車】 2016/11/9 »