« 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 | トップページ | 秋の収穫祭 湖北編 »

2016年11月13日 (日)

437.秋色通信2016 【紅葉を求めて中央西線へ】 2016/11/12

 はなぶさメンバーの皆様方は、先週末、王滝森林鉄道の体験乗車がらみで、紅葉が見頃になった中央西線を訪問、見応えのある画像を提供されていました。休日出勤で参戦できなかった自分は指を咥えて見ているしかありませんでしたが、1週間後の12日、日本列島は移動性高気圧に覆われて全国的に穏やかな秋晴れの予報だったので、木曽福島以南なら紅葉も何とか持ち応えているだろうという楽観的な思いのもと、遅ればせながら木曽路に向かって車を走らせました。

 

12_dsc7301161112

 この日は6883列車の運転日だったので、まずは釜戸界隈で1回目を撮ることにしました。たまには新規開拓と思い、いつもとは異なったポイントを探していたら、手前の民家の屋根をかわすために要脚立ですが、何とか撮れるポイントがありました。出札掛様が撮られたポイントとは少し立ち位置が違うようです。

 

22_dsc7311161112

 2回目は逆光気味ながら朝日に輝く紅葉が綺麗だったここで待ちました。列車通過時には暗い影に覆われていた線路もピンポイントで光が当たる場所ができて助かりました。

 

32_dsc7333161112

 3回目はいくつか考えていた候補地の中、ここが紅葉の具合が一番まともでしたが、このあたりまで来ると標高が900m近くになるため、広葉樹は葉っぱがかなり落ちてしまっていました。

 

42_dsc0306161112

 4回目は結局ここまで追いかけてきてしまいました。ここもピークを過ぎてしまったみたいで、1週間前に訪れてみたかったです。この後、3084列車を迎え撃つため、速攻で国道19号線を引き返します。

 

52_dsc7350161112

 3084列車は宿題が消化できないでいた紅葉の乗鞍俯瞰ポイントに向かいました。4年ほど前に挑戦したことがありましたが、紅葉と天気はよかったものの、肝心の乗鞍岳は雲の中といった状況で、それ以来の宿題をやっと片付けることができました。

 

62_dsc7358161112

 手前のアウトカーブも線路端の木の葉っぱが落ちたようで、夏場に比べて列車の見通しがよくなっていました。紅葉の木曽谷に冠雪した乗鞍岳、最高の条件に恵まれました。

 

72_dsc0311161112

 自分的には定番化している俯瞰ポイントですが、貨物列車は夕方の81列車まで来ないので、「しなの」で我慢です。完全逆光に加え、紅葉の輝き具合もいまひとつで、期待外れに終わりました。

 

92_dsc7417161112

 もうひとつ定番化しているここは期待を持って行ったところ、秋の陽はつるべ落としとはよく言ったもので、81列車通過時はご覧のような状況でした。ここは11月に入ると賞味期限切れになるということがわかりました。

 

102_dsc7433161112

 1500分ちょっと過ぎにここを通りがかった時は夕方の斜光線に輝く紅葉がとても綺麗だったので、南木曽停車中に先回りしてみました。81列車通過時には太陽はすでに稜線の向こう側に沈み、わずかな残照が残っているだけでした。81列車では無理ということがわかったので、明るいうちの「しなの」で消化するしかないですが、来シーズンの宿題がまたひとつ増えてしまいました。

|

« 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 | トップページ | 秋の収穫祭 湖北編 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 6883レが走り始めると、俄然、中央線方面への遠征が増えますね。現在の所、まだ陽のあたる確率が高い恵那以南でも、探すと、まだ撮影地があることを教えられました。乗鞍大俯瞰も、山がクリアに見えると良いですね。今度、行ってみようかな。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年11月14日 (月) 17時07分

6883レにつられて西線詣でがしばらく続きそうですね。今のうちに太陽の当たる時期と場所のデータベースを当ブログで積み重ねられたらいいな、と思っています。
乗鞍バックは魅力的です。木の生長がネックかと思いきや、落葉のおかげで復活ですか。紅葉もピークで文句なしの光景、うらやましいです。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月14日 (月) 19時18分

ここかと思えばまたあちら、と相変わらずの広域行動ぶり、恐れ入ります。
当ブログも、秋になるとガゼン6883レ絡みのアップが増えてきて、もちろん自分自身その一人ですが、なかなか電車運転士様のような作品が撮れません。乗鞍バックも一度は撮ってみたいですが、電車運転士様のように通わなければ無理でしょうね。81レの俯瞰、機関車に一瞬の光が当たって際立たせる手法は考えもつきませんでした。恐れ入りました。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年11月15日 (火) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64489293

この記事へのトラックバック一覧です: 437.秋色通信2016 【紅葉を求めて中央西線へ】 2016/11/12:

« 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 | トップページ | 秋の収穫祭 湖北編 »