« 久しぶりの都電撮影+α | トップページ | 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 »

2016年11月11日 (金)

435.秋色通信2016 【飯山線C11試運転 2号車】 2016/11/9

 このところ毎週のように運転されている飯山線のC11の試運転ですが、1026日に続いて119日にも参戦してきました。今回は検査掛様にご同行いただきました。天気予報は冬型の気圧配置が強まり、北日本の日本海側を中心に気温が下がり荒れた天気になるということを伝えていました。普通の鉄活動なら躊躇するところですが、別の機会に再挑戦というわけにはいかなかったので、なるようにしかならないと開き直り、とりあえず現地に向かいました。


                                             ※撮影はすべて2016年11月9日の飯山線(電車運転士)

12_dsc711616119 

 今回は飯山行の上り列車なので、スタートはここからになりました。考えることは誰もが同じで、場所が広いので激パにはなりませんが、最終的にはかなりの同業者が終結しました。気温が低かったので、煙の上がり具合はまあまあでした。もう少し黒い煙が混じってくれれば最高だったのにと思いましたが、贅沢は言えないです。

22_dsc711916119 

 Sカーブを出たところです。相変わらず煙は白煙のままでした。

32_dsc029316119 

 サブカメラでは定番の横構図で撮りました。この直後、1分も経たないうちに霰が降り注いで視界が悪くなってしまいました。ギリギリセーフのタイミングで難を逃れましたが、今後の天気については先行きが怪しい状況になってきました。

42_dsc714016119 

 2回目は信濃川の鉄橋ですが、風に煽られて煙が左に流れてしまいました。紅葉がまずまずの感じだっただけに残念賞になってしまいました。

62_dsc719616119 

 3回目は線路端から離れて西大滝の集落をサイドから狙ってみました。雪国らしい民家が点在し、千曲川は入らないものの、飯山線らしい風景が展開されていました。少し高いところの山肌はうっすらと雪化粧しており、この日の寒さを物語っています。ところが、通過予定時刻になっても列車が来る気配がありません。信濃白鳥でトラブルがあったようで、結局、20分ほどの遅れで通過して行きました。汽笛が聞こえるまではいや~な雰囲気が漂っていましたが、前途運休になるような大きなトラブルじゃなくてよかったです。

72_dsc719716119_2 

 場所をほんの少し移動するだけで、同じ列車を違った雰囲気で撮ることができました。この2枚以外にもシャッターポイントがあり、結構おいしいポイントでした。

82_dsc722316119 

 4回目は矢垂大橋の俯瞰です。雲の流れの悪い周期に当たってしまい、周囲は真っ暗に近い状況でした。デジカメなので何とかなりましたが、露出的にはかなり厳しかったです。踏切を通過したところの直線は煙がいい感じで上がったので、その後の展開に期待が持てました。

92_dsc722616119 

 手前のカーブに差し掛かったところで、お決まりのように煙は左へ流れてしまいました。荒れ模様の天気なので、こうなる確率が高くなるのは当たり前でしょうが、それにしても蒸機の撮影はなかなか思いどおりになってくれません。

102_dsc723316119 

 最後は思い切り引きつけて道路と車をカットをカットしてみましたが、残念ながら、暴れたままの煙で通過して行きました。

122_dsc724816119 

 最後は平坦区間での撮影となりました。白煙だったもののそれなりに煙は出ていましたが、今度は向こう側に大きく流れてしまいました。こちら側だったら客車が完全に隠れるところで、最悪の事態は回避できたと思うしかありません。

132_dsc727216119 

 帰りがけに飯山にも立ち寄ってみました。新幹線の駅が設置されたことにより、駅が移設され、周囲は大きく変わっていました。入換で十日町方向の側線にゆっくりと入線してきました。後部にDE10を連結して夜の回送までここで待機です。

 結局、この日は1日中、真冬のような寒さに加え、雨→霙→霰の繰り返しで、時折、突風めいた強風が吹くといった最悪の条件下での撮影でした。本音を言えば、もう少しまともな条件で撮りたいという気持ちはありありですが、自分のスケジュール上、悲しいかなこれが最後の参戦になりそうです。次回の試運転に参戦される方がいらっしゃいましたら、好天とご健闘をお祈りいたします。

 

|

« 久しぶりの都電撮影+α | トップページ | 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

 弾丸出撃、お疲れ様でした。太平洋岸でも強風が吹き荒れた日だけに、試運転はどうだろうかと気になっていましたが、相当、悪天候で苦労されたようですね。
 内ヶ巻のカーブは、上り勾配で爆煙かと思えば、意外に白煙になってしまうようです。1日の運転はよい煙だったようで、この日に行けなかったのが心残りです。鹿渡の鉄橋は、おそらく晴れたら紅葉もベストの条件だったと思いますが、ちょっと残念ですね。いずれにしろ、天候だけは何ともなりませんね。こればかりはツキがあるかどうかです。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年11月11日 (金) 19時56分

太陽が現れずに残念でしたが、秋真っ只中のロケーションが悪天候の低露出を補ってくれたことと思います。この風景なら定期列車の撮影だけでもじゅうぶんな価値がありますね。来年の静かな時期に遠征してみようかなー、などと・・・。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月11日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64474504

この記事へのトラックバック一覧です: 435.秋色通信2016 【飯山線C11試運転 2号車】 2016/11/9:

« 久しぶりの都電撮影+α | トップページ | 436.祝・EF6627復活 2016/11/13 »