« 木曽谷 紅葉狩り日和 | トップページ | 久しぶりの都電撮影+α »

2016年11月 8日 (火)

434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4

 昨シーズン、紅葉狙いで11月中旬に立山砂防を訪れましたが、微妙にピークを過ぎており、どちらかというと晩秋の雰囲気でした。ということで、昨年より1週間早いタイミングでそのリベンジに挑戦してきました。砂防軌道を撮るためには平日限定となるため、会社を休まなければならず、仕事の段取りと家族運用を調整して4日を決行日としました。天気予報は芳しくない状況で、飛騨小坂あたりから雲行きが怪しくなり、早朝に現地に到着した時には小雨が降り続いていましたが、日にちを選べないので、どうしようもありません。

 

12_dsc65751611_2

 周囲が明るくなってから雨は止んだものの、上空は厚い雲に覆われ、テンションは下がったままでしたが、せっかく来たのだからと、まずは立山線で撮影を開始しました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 立山線】

 
22_dsc6624

 

 

32_dsc6640

 

 この日の天気は期待できないと半ば諦めていたところ、800分を回ると天気は急速に回復基調になり、千寿ヶ原から列車が山へ向かう頃にはご覧のとおりの状況となりました。この日は祝日と土曜日に挟まれた金曜日で、1日だけの仕事は効率が悪いので、ひょっとしたら運休になるかもしれないという一抹の不安はありましたが、モーターカー1台と4つの列車が山へ向かって行き、不安は現実のものとはならず安堵しました。
【2016.11.4 立山砂防工事専用軌道】

 
42_dsc66741611

 

 昼前に山から下りてくる列車までの間はいつものとおり、立山線の撮影に向かいました。こちらも周囲の山々の紅葉は見頃を迎えていました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 立山線】

 

52_dsc6689

 過去の訪問では他に浮気しすぎて肝心の砂防軌道の列車を撮り逃がすという失態を演じていたので、今回は時間に余裕を持って早めにスタンバイしました。天気は予報に反してバリ晴れとなり、錦秋の何々…といった条件が整いました。まずは無蓋車の編成が山から下りてきました。次は別のポジションで撮ろうと移動して列車を待ちましたが、一向に来る気配がありません。結局、昼前の列車はこの1本だけで終わってしまいました。その後、気を取り直し、昼休憩後の山に向かう列車で何とか帳尻を合わせたいと思いましたが、山に向かう列車は1本もなく、空振りに終わってしまいました。これまで何度か砂防軌道を訪れましたが、こんな悲惨な状況は初めてで、せっかくの絶景を目の前にして何とも悲しい状況のまま現地を後にしました。紅葉真っ盛りの砂防軌道の卒業はまたまた来年以降に持ち越しとなってしまいました。
【2016.11.4 立山砂防工事専用軌道】

62_dsc67341611

 

 ショックで落ち込んだ気持ちを引きずったまま千寿ヶ原に戻ると、奥の山々はすでに冬の装いでした。とりあえず立山線の列車で気持ちを癒そうと思いましたが、どんどん条件がよくなっていくにつれ、悔しさが増すばかりでした。
【2016.11.4 富山地方鉄道 立山線】

72_dsc6739161

 

立山線に長居は無用と思い、平野部に下りてきたところ、多少霞がかかっていたものの剱岳が見えていました。砂防軌道のショックは100%挽回はできないものの少しはテンションが上がったので、撮影を続けました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 本線】

 
82_dsc680716

 

 天気は雲ひとつない快晴となり、赤剱岳狙いで夕方まで粘ってしまいました。駅長様にご教授いただいたこのポイントは何度か訪れましたが、自分的には剱岳の見え具合はこの日が最もよかったと感じました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 本線】

 
92_dsc687416114

 

 せっかくなので、市内線の夜間撮影をこなすため、富山駅界隈に寄り道しました。新幹線の開業により大きく様変わりした富山駅ですが、先回の訪問時は工事が完全に終わっておらず、多少雑然とした雰囲気が残っていましたが、今回は完成形の状態で撮影することができました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 市内線】

 
102_dsc689116114

 

 場所を新富町に移動して撮影を続けました。昨年12月に訪れた時にはなかった上屋が整備され、小奇麗になって雰囲気が変わっていました。「サントラム」が間もなく電停に到着します。
【2016.11.4 富山地方鉄道 市内線】

 
112_dsc694316114

 

 新富町辺りは富山駅前の飲み屋街といった位置づけのため、人通りも多く、活気が感じられました。市内線も利用者が多く、市民の身近な足として定着しているようで、官民一体となった努力が功を奏した好事例だと感じました。
【2016.11.4 富山地方鉄道 市内線】

 

|

« 木曽谷 紅葉狩り日和 | トップページ | 久しぶりの都電撮影+α »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

恒例の立山砂防、たいへんお疲れ様でした。なかなか手ごわい相手のようで、紅葉真っ盛りなのに本命狙いの的が外れたのは残念ですが、かわりに剣岳の全容で帳消しというところでしょうか。
個人的には6枚目の画像にひかれました。こんな風に撮ることができるのですね。秋の富山地鉄も時間をかけて訪れたくなりました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月 8日 (火) 17時49分

 お誘いを受けながらキャンセルで失礼しました。一人で行かれたのですね。それにしても、早朝から夜まで、凄い体力で感服します。
 心配された天候も午後には回復したようで、立山も素晴らしく見えたようで、やっぱり行けば良かったかとちょっと残念に思います。立山砂防は満足いく成果が得られなかったようですが、またの楽しみと言うことで、また、来年の課題としましょう。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年11月 8日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64459145

この記事へのトラックバック一覧です: 434.秋色通信2016 【錦秋の立山砂防軌道(のはずが…)】 2016/11/4:

« 木曽谷 紅葉狩り日和 | トップページ | 久しぶりの都電撮影+α »