« 越美北線 紅葉 2016.11.14 | トップページ | 439.晩秋の中央西線 EF641016 最後の花道か??? 2016/11/23 »

2016年11月23日 (水)

ひたちなか海浜鉄道訪問記 2016.11.20

 先週の土曜日に東京で所用があり上京したついでに、まだ未訪問だった「ひたちなか海浜鉄道(かつては茨城交通湊線)」を訪問してきましたのでご報告いたします。【施設区長】

 ご存知だと思いますがひたちなか海浜鉄道は常磐線の勝田駅から那珂川河口の那珂湊を経由して海沿いの阿字ヶ浦駅までの14.3kmの非電化第3セクター鉄道です。

 撮影地も全く当てがなかったので、とりあえず車庫のある那珂湊駅まで乗車。途中、金上辺りまでは工場や住宅が密集している中を行きますが、その先の中根・高田の鉄橋辺りは農村地帯で再び住宅が増えてくると那珂湊です。

Dsc_7319b

 現在の在籍車両は元国鉄キハ20形のキハ205、オリジナルのキハ3710形2両、同じくオリジナルのキハ37100形1両、元三木鉄道のミキ300-1031両、元JR東海キハ11形1両、元東海交通事業キハ11形200番台(実際はJR東海キハ11形と共通運用)2両の計8両です。

 那珂湊駅で阿字ヶ浦行きのミキ300-103が留置車両と並んだところです。(那珂湊駅)

Dsc_7112b
 那珂湊駅をぐるりと回ってみましたら阿字ヶ浦寄りの踏切の先がちょっとローカルっぽくてよかったのでここで1枚。(那珂湊~殿山)

Dsc_7127b
 上の写真を撮ってから駅に戻ると構内に紅葉した桜の木があったのでこちらでまた1枚。(那珂湊駅)

Dsc_7238b
 那珂湊から終点の阿字ヶ浦まで乗車した途中、平磯駅の先の土手が雑草の花で黄色く染まっていたので、那珂湊方面に戻る途中で降りて1枚。(平磯~磯崎)

Dsc_7277b
 中根駅まで戻り農村地帯を行く光景を撮ろうと思うものの特徴的なところが見つからず、結局中根駅のホームから撮影。(中根駅)

Dsc_7039b
 当日の運用車両は三木鉄道のミキ300形とオリジナルの37100形の2両で結局JR東海から移籍したキハ11には乗れませんでした。上記写真は那珂湊駅に留置中のキハ11-5とキハ11-6です。

Dsc_7163b
Dsc_7102b
 那珂湊の車庫には部品取りとして購入された東海交通事業城北線のキハ11-201・202や廃車となった日本初のステンレス製気動車のケハ601の車体などがあり、昔のローカル鉄道の車庫を彷彿とさせるなかなか楽しい場所でした。【施設区長】

|

« 越美北線 紅葉 2016.11.14 | トップページ | 439.晩秋の中央西線 EF641016 最後の花道か??? 2016/11/23 »

コメント

ひたちなかもキハ11が導入されて稼働できる旧型気動車はキハ205のみとなって車両的には魅力が少なくなってしまいましたが、中根界隈を中心に四季を通じて撮影が楽しめそうです。阿字ヶ浦からの路線延長の話もあり、活性化のためのさまざまな取り組みも行われているようなので、今後も動向に注目したいです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年11月24日 (木) 11時04分

にぎやかなラッピングと多彩な車輌群ですね。城北線の車が放置されたままのようで、少し気になりますが。そういえばこの路線へは30年以上前に中根駅付近でうろうろと撮影したきりです。旧型車がまだまだ現役のころに再訪したく思っていましたが、けっこう遠いので企画倒れで終わりました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年11月24日 (木) 13時03分

あちこちからの20系タイプの気動車が走っていたので、ブログでは結構目にするひたちなか鉄道ですが、東京を越えることもあり、なかなか自分では行けません。東海にいたキハ11が転籍したので、これを見たい気持ちとそれによって旧型が淘汰される残念な気持ちが入り混じりますね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年11月27日 (日) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64534514

この記事へのトラックバック一覧です: ひたちなか海浜鉄道訪問記 2016.11.20:

« 越美北線 紅葉 2016.11.14 | トップページ | 439.晩秋の中央西線 EF641016 最後の花道か??? 2016/11/23 »