« 王滝森林鉄道フェスティバル2016 施設区長報告 | トップページ | 機関車三昧 »

2016年10月16日 (日)

徒然な一日

こん○○は、出札掛です。澄み切った青空に覆われた週末、ワタクシ、風邪のウイルスに襲われました。

ただし高熱にうなされたり、咳で集中力が欠けたりするほどの重症ではないので、まだマシなほうかもしれませんが

大事をとって金曜日は地元の病院によってそのまま直帰。

「鉄ちゃんしたらダメよ」 家内の暖かい、いや、ザンコクなお言葉にストレスが溜まります。

絶好の撮影日和だというのに、ああ、よけい体調が悪くなりそうな・・・。


15日は周知のとおり東海道線が大変なことになっていました。自宅で安静状態だったのでヒマに任せてネット等で情報収集をしていたところ、国鉄色を纏ったEF65-2139が5085レの次無動で運ばれているらしく、稲沢までは順調だったものの、件の事故の影響で稲沢で抑止されたよう。午後になっても一向に運転再開の気配もありません。しかし天気は相変わらずのピーカンだし、体調も回復しつつあったので、目的地もさほど遠くないことからつい我慢できずに出かけてしまいました。

5085 5085レは所定なら稲沢貨物線の下り本線を走るはず。そのまま抑止状態なら撮影が可能かもしれないと当該列車まで近寄ってみたら、このように撮影出来ました(もちろん敷地外から)。

2139 太陽も側面に綺麗に当たる時間帯になってきたおかげで、定刻で走っていたらありえない光線状態での撮影でしたが、状況が状況だけに「ラッキー」とは喜べませんので記録程度にとどめておきたく思います。

75 中央~関西の石油輸送は、土曜日なので撮影チャンスは少なくなりますが、3084~75レは荷もあって定刻どおり運転されました。75レは単機牽引。重連仕業の時季を迎えるまでには、まだしばらく先なのでしょうか。

5380 5380レは旋回窓のDD51-1147が単機で現れました。原色機の引退後はより注目対象のカマになりそうです。如何に旋回窓を目立たせるかがポイントです。それにしてもこの色褪せようは痛々しく感じます。

1059 16時を過ぎたころから各地で抑止されていた貨物列車が動き出しました。5085レもゲットできないかと淡い期待をよせて陸田陸橋付近まで移動してしばし待機後、やって来たのは11時間遅れの1059レ。さらに粘るもこの30分後、陽が沈みタイムオーバーとなりました。

ピーカン天気に誘われてのヒマつぶしでしたが、病弱なときやダイヤが乱れたときは大人しくしているに限ります、反省。(出札掛)

|

« 王滝森林鉄道フェスティバル2016 施設区長報告 | トップページ | 機関車三昧 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 昨日の東海道線、新聞報道で見ると大変だったようですね。貨物も牽引機が随分変わってしまったようです。
 そうした中、国鉄色のEF65-2139の西下情報を探し出し、体調の悪いのをおして出撃されたのは、さすがです。EF65-2139は、何のために回送されたのか、ちょっと気になります。でも、もう戻りに客車は牽かないでしょうねぇ。早くカゼを直して、出撃、かつ飲めるようにしてくださいね。

投稿: 駅長 | 2016年10月16日 (日) 22時59分

その後の体調はいかがでしょうか?
紅葉シーズンを迎えるのにあたり、体調不良で参戦できないということでは目も当てられませんので、どうかご自愛ください。
この日、ダイヤ乱れがなければ白ホキの5767列車は貨物フェスティバルHM付のEF6633が先頭に立つはずでしたが、前走りの3095列車が大幅に遅れたため、残念ながらEF64の代走となってしまいました。
(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年10月21日 (金) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64356116

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然な一日:

« 王滝森林鉄道フェスティバル2016 施設区長報告 | トップページ | 機関車三昧 »