« 秋色のカシオペアクルーズ | トップページ | 徒然な一日 »

2016年10月12日 (水)

王滝森林鉄道フェスティバル2016 施設区長報告

 3年前の森林鉄道フェスティバルには家庭の諸事情で行くことができませんでしたが、今回は6年ぶりに電車運転士様とともに王滝森林鉄道フェスティバルに行くことができました。

 電車運転士様の作品には手も届きませんが、私の視点から見た当日の様子をご報告します。

 当日の行動は電車運転士様のレポートをご参考にしてください。【施設区長】

Dsc_4553a
 まずは献花台前乗り場での開会式前の一コマ。B型客車編成と運材列車を車庫から回送し定位置に留置しているシーンですが、まるで客車列車と運材列車の交換のようにも見えます。

Dsc_4571a

 車庫には今回修復なったサカイワークス製のNo84や各種モーターカーが出庫待ちで留置されていました。残念ながら真ん中のモーターカーNo68は出番がありませんでした。

Dsc_4646a
  運材列車1本目の正位運転は定番のお立ち台から撮影。まだ10:00少し過ぎということで、まだ撮影者も多くなくゆったり撮影ができました。

Dsc_4739a

  客車列車の2本目の復路もお立ち台から撮影。

Dsc_4897a
 運材列車第2便目は管理棟前での折り返しの際に客車列車と並ぶため、まるで運材列車を客車列車が追い抜いているようなシーンとなりました。

Dsc_4898a

 運材列車の発車は管理棟近くの広場にあった少し紅葉した木と絡めて見ました。

Dsc_5058a

 12:20からのモーターカー大行進には岩崎レール製の関電モーターカーとサカイワークスの4号モーターカーに加え、修復なったサカイワークス製の84号機が引くタンク列車が続行で運転され、折り返しの管理棟前はまるで現役時代のようなにぎやかな光景が繰り広げられました。

Dsc_5070a

 84号機牽引のタンク列車は管理棟前広場の紅葉した木の脇を駆け抜けるイメージで撮影しました。

Dsc_5140a
  タンク列車が献花台前乗り場に戻ったのち入れ替え作業を行おうとしたところ運材列車牽引の132号機のエンジンが不調となったのか、132号機にタンク列車の84号機を連結しエンジン調整。図らずもサカイワークス製機関車の重連が実現しました。

Dsc_5306a
 3本目の運材列車は管理棟前広場に入ってくるシーンをこれまた紅葉した木をバックに撮影してみました。(紅葉にこだわりすぎ?)

Dsc_5406a
 最後の運材列車の3本目復路は日が差してきたので、これまた紅葉と青空を入れて撮影してみました。

Dsc_5421a
 上の写真を撮影後、急いで運材列車を追いかけてゆくとお立ち台はすごい人だかり。日が射してきて皆さん大定番の場所に集結していたようです。

Dsc_5431a
 その後、献花台前乗り場までダッシュして何とか運材列車最終便の到着を撮影することができました。

 この運材列車最終便の到着をもって王滝森林鉄道フェスティバルは終了となりました。

Dsc_5451a

Dsc_5452a
 その後、運行を終えたモーターカー及び運材列車の入庫回送ではこのような続行運転も行われました。

 当日朝までは雨が降っており、雨のフェスティバルになるかと危惧されましたがスタート時には雨が上がり、終わりがけには晴れ間も見えてきてとても充実した一日となりました。

 会場でお会いした工場長様・検査掛様お疲れ様でした。3年後のフェスティバルが今から楽しみです。【施設区長】

|

« 秋色のカシオペアクルーズ | トップページ | 徒然な一日 »

コメント

なかなかいいシーンを撮影されていると思います。運材と客車の並びはほとんど撮らなかったため、施設区長様の写真を拝見して、もっと撮っておけばよかったと後悔です。それにしてもフィナーレを飾った運材の最終列車の高台は写真のとおり来場した同業者のほとんどが終結したみたいで、凄いことになってましたね(自分もこの集団の中に加わっていましたが…)。回を重ねるごとに注目度が高まっていますが、次回はどれだけの人出になるのかちょっと怖い感じもします。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年10月12日 (水) 11時19分

えっ、こんなにも同業者が押し寄せてきたのですか、驚きました。現役路線では味わえない魅力が大勢の人を引き付けるのでしょうか。
なかなかユニークなシーンや列車が撮影できて収穫の多い一日だったことと存じます。自分はまだ一度も出かけたことがないので、次回こそはと思いますが、さらに人ごみが増えてでうんざりしそうな予感・・・。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年10月12日 (水) 13時17分

 良い雰囲気ですねぇ。やはり、行けば良かったか・・・。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年10月13日 (木) 17時40分

みなさまありがとうございます。約900カット撮ったうちのなるべく同志が写っていないものからの選りすぐりですが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」のことわざ通りで何とかお見せできるものになったかなと思っています。
ラストの運材列車のお立ち台の人数を数えてみましたら96名。でも、そこそこ広さもあるので3段飾り程度で収まっていますね。
11月5日(土)の公民館まつりでもB型客車列車が運転されるとの話です。フェスティバルほどの人出はないと思われますし、紅葉もたぶん良くなっている頃だと思います。お時間があればぜひお出かけください。【施設区長】

投稿: 施設区長 | 2016年10月13日 (木) 23時38分

どうしてなかなかうまくまとめられているではありませんか。それにしても900コマも撮られたのですか、すごいですね。銀塩だったら考えられませんが・・・。私自身のものは、走り回って頭が廻らず、結構同業者が入ってしまっているものが多いので、反省です。3年前に比べると、同業者も倍以上になった気がします。
公民館まつりは行けそうもありませんが、その前のは行っちゃおうかナ?(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年10月18日 (火) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64334929

この記事へのトラックバック一覧です: 王滝森林鉄道フェスティバル2016 施設区長報告:

« 秋色のカシオペアクルーズ | トップページ | 徒然な一日 »