« 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 | トップページ | SL江の川号 1992年、晩秋 »

2016年10月 2日 (日)

キハ120も追う(津山地区)

また120ですが、今回のタイトルは「も」です。暑い夏の日の7月18日の報告となります。
この日も勇んで出かけましたが、津山からの沿線道中は濃い霧でロケハンどころではなく安全第一を心がけ、途中での撮影は諦めました。幸い有名撮影地は霧もなく一安心しました。晴天の中を旧一般色風のこれが来ました。似合う似合わないとか40系には不自然ではないかというのは置いといて、色んな塗色が走ることには満足しています。

D_7393   【945D】  4744  471036 岡オカ (後追い)

本題の120もやって来ます。津山線では数往復の設定があるようです。この写真ではわかりませんが、右側の車両は車番表記が剥げ(薄れ)かけていて写真判定もできませんでした。困りものです。きちんとした整備が望まれます。

D_7424   【942D】 120-*** 120-358 岡オカ


隣の福渡でバッテンし3連が通過していきました。なお、ほかに4連で設定されている列車がある筈なのですが、この日は日曜だったせいかお目にかかれず宿題として残ってしまいました。

D_7425   【947D】 47   4743 402082 岡オカ


ずっと同じ場所では飽きてくるので、対岸へ渡りましたが正面にはまだ陽が当たってくれません。「津山納涼ごんごまつり」なる看板が付いていました。
D_7458   【2925D】 471004 4718 岡オカ 


鉄橋はお終いとし建部駅近くに移動して待ちかまえていると単行が来ました。

D_7462   【946D】 402082 岡オカ


青々とした田んぼの中を120の2連が戻ってきました。岡山車は三次地区とは帯色が違います。キハ120は配置区毎に色遣いが異なるため各地を訪れなければなりません。余談ですが、この地からの転属車が使用されている大糸北線は今のところこの色のままだそうです。

D_7465   【949D】 120-358 120-*** 岡オカ


今度は津山線を離れ姫新線の列車を狙いましたが、ここは津山から新見方面へ1・2駅のところです。道路上から夏草の切れ目を見つけて撮影しましたが、川の流れがほとんど見えない結果に。橋梁なら線路脇の草を気にしなくてよいだろうという安易な考えはそうそう通用しません。

D_7485   【858D】 120-342 岡オカ    院庄-美作千代


反対の姫路方へ様子を伺いながら移動して捕えたものです。この辺りは草刈がなされていて助かりました。

D_7495_2   【2828D】 120-334 岡オカ    林野-勝間田

この後向かった先はどんより曇っていて良い結果は得られず、この日の勝負はここまででした。(資材担当)

|

« 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 | トップページ | SL江の川号 1992年、晩秋 »

コメント

けっこうタラコ色(という表現で良いのでしょうか)の車両に巡り合えるのですね、というか、この塗装だけになったのでしょうか?
津山を中心とした気動車エリアは撮影も面白いですが、鉄道博物館が設立されたりして、いろいろと楽しめそうな地です。久しぶりのツートン塗装を撮りながら訪れてみたく思います。撮影地情報宜しくお願いします。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年10月 2日 (日) 20時44分

タラコは元々の色なので違和感はありません。キハ47というのと塗り分けが若干違うとはいうもののオレンジツートンは格好の被写体ですね。高山・紀勢・参宮線ととオレンジツートンを追っかけていたことが懐かしく思われました。津山線の写真はあまり見たことがありませんが、里山風景っぽい感じですので、腰を据えて撮ればいいポイントがありそうです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年10月 4日 (火) 14時20分

遠征、お疲れ様です。DC、特に普通車は勇んで撮りに行こう、というつもりがないので、知識が乏しいですが、さすがに景色の良いポイントで押さえられていると思います。しかし、撮影が津山線とか姫新線といわれても、明確な路線の違いがわからないのが、DCの辛いところですね。廃止となる三江線を撮影しても、よほど特徴的なポイントで撮らないと、線区がわらなくなってしまうのを危惧します。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年10月 5日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64287832

この記事へのトラックバック一覧です: キハ120も追う(津山地区):

« 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 | トップページ | SL江の川号 1992年、晩秋 »