« 夏の終わりにリハビリ鉄 | トップページ | 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 »

2016年9月11日 (日)

富田界隈凸午前勝負

関西線を走るDD51の石油貨物はオフシーズンの土曜日になるとシャッターチャンスも少なく、重連運用の設定もないのでなかなか足が向きません、などと言っていられない時期が訪れようとしています。10日(土)、せっかくの晴天予報で撮りたいネタは特にないので、こんなときは、土曜日でも石油貨物を2本連続して撮れる早朝に合わせていざ朝練。

001 朝一発目は、いちど足を運んでみたいと思っていた員弁川のカーブに向かいました。5263レを順光で狙うには早すぎる時間ですが、まあそれらしくなるでしょう。実は足元に広がる黄金色の稲を期待していたのですが、既に刈り取られた後でした。

002 愛知のDD運用が一部予測不可能?のため、列車によってはどの機関車が来るのかはその時のお楽しみ。二発目となる5271レは目撃情報によると原色機とのことで、心が躍ります。貴重な原色機なので確実に撮ろうと素直に5263レと同じ場所で待っていればよかったのに、何を思ったのか、朝日ー富田の直線築堤に移動して青空バックでサイド気味に狙った結果がこの有り様です。ケーブル線が車体のド真ん中の位置に張られているので敬遠する撮影者が大半なのか、この場所で撮った画像は滅多に見ません。写してみると、パッと見た目ではそんなに目立ちませんが(そうなるようにわざと遠目に撮ったので・・・)。さらに足回りは雑草で隠れがちだし、あ~あ・・・。

005 5271レは富田でバカ停するので、定番のお立ち台に先回り。しっかりと再履修しました。やはりお立ち台はそれなりにキチンと納まりますね。

003 先回りの途中で富田駅付近に立ち寄り、ちょうどセメント貨物第一便の6360レが来るので進入シーンを撮りました。きょうのセメント貨物担当機は890です。

004 10時頃に通過する2085レは、運用ローテから推測して原色機が入ることはほぼ確実でした。先の5271レの結果が芳しくなかったのでもう一度挑戦しようと再び築堤直線ポイントに戻って来ました。少し立ち位置を変えて、やはり青空を大きく取り入れて、さあ本番。・・・えっ!空コキではありませんか、まるで単回みたい。いや、はるか後方にコキ積載車が連なっておりました。これでは正面ドカンを選ばない限り、どんなアングルで構えてもきっと中途半端な編成写真になってしまいます。そういえば1週間前の電車運転士様の記事を思い出しました。土曜日の2085レは要注意?

006 先の電車運転士様の記事にならい、自分もDDの合間に近鉄線で特急列車にカメラを向けました。初の混色編成撮影です(笑)。形式も同一でラッキー。

007 最後にセメント貨物第二便の5362レを再び富田付近で撮影して、この日は終了。

せっかく現存のDD原色機2両がともにやって来たのに、何とも納得のいかない結果でした。自業自得なので文句は言えませんが、機会を見つけてまた関西線DD通いに励みたく思います。(出札掛)

|

« 夏の終わりにリハビリ鉄 | トップページ | 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 やっぱり、朝早くから出撃しないといけないですねぇ。誰かさんのように、10時頃ゆっくり出撃していては、撮るものも撮れませんね。この日は出札掛さんとは、ニアミスではなく、入れ違いに関西線に出没したようです。午前中に行っていたら、原色機が何回か撮れたのだ。残念。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年9月11日 (日) 15時10分

早朝からお疲れ様です。やっぱり朝早く出かけないと成果が上がりませんね。コンテナ列車も撮り方を考えないと絵になりませんね。近鉄も早めに行かないと混色が撮れませんね。今後は関西線に行く機会も増えそうなので、合間に近鉄も狙いたいと思います。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月12日 (月) 10時12分

まさか2週連続で土曜日に関西線の昼間の運用に853と1805が入るとは想定外でした。こんなことなら浮気せずに先週の「サロンカーおわら」に行けばよかったと後悔しても後の祭りです。2085列車は自分の時も凸の後ろは空コキが連なって一瞬単回に見えたので、土休は要注意みたいですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月12日 (月) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64188985

この記事へのトラックバック一覧です: 富田界隈凸午前勝負:

« 夏の終わりにリハビリ鉄 | トップページ | 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 »