« 1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(381系「やくも」他編) | トップページ | 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 »

2016年9月25日 (日)

黄いない電車

紛らわしいタイトルだったかもしれませんが、あの人気の標準軌の検測車ではありません。メンバーからのお勧めがありアップの準備していたのですが、手際が悪くて流れに乗れずこのタイミングで割り込んでしまいました。と書こうとしていたら、また岡山ものが先行していますね・・・・
さて、この日(7/30)の主目的はこちらではなかったのですが、そうそう来られるわけではなく場所が近いということで立ち寄ってみました。頭が古くて可部線は105系という印象だったのですが、どうやら営業列車としては朝1.5往復しか残ってないらしく、それでは逃すわけにはいきません。背景に見苦しいところがありますがご容赦ください。
A_7720
   【748M】 105-14 104-14 105-11 104-11 広ヒロ (後追い)

主力は113・115系のようです。上を撮る前に来たのは黄色ではありませんでしたが、この塗色が無くなってしまうのでしょうか。
A_7712   【744M】

広島地区はこの227系が勢力を伸ばしているため、どんどん国鉄型が駆逐されているのでしょう。103系はもう走ってないことが分かり、一度も撮ることが無くて悔やんでいますがどうにもなりません。
A_7715   【741M】

午後には対岸へ足を運びましたが天気は曇りに変わってしまいました。黄いない113系です。

A_7794   【789M】 111-2053 112-2080 113-2080 111-2149 広ヒロ (後追い)

黄いない115系も来ましたが、湘南色のような塗り分けパターンによる区別が無いので上の113系との違いがよくわかりません。

A_7798   【794M】 115-2113 115-2019 114-2019 115-2015 広セキ

こちらは、9/10に訪れた福塩線です。三次からの帰りにちょっとだけ寄り道したら115系の3連が来ました。なにやらぺたぺた貼り付けられています。JR岡山支社の文字があり自社PRなのでしょうか。なお、サボを拡大してみたら「ふるさとおこし4号」とありました。

A_9132   【259M】 115-1220 114-1155 115-1541 岡オカ

福塩線はやっぱり元祖105系。検査掛様の記事にあるような青い帯がないので締りがないように感じてしまう昭和人間でした。
A_9135   【264M】 105-29 104-6 岡オカ (後追い)

夕方の曇り空なので露出も厳しく、これを最後にそそくさと帰りました。(資材担当)  

|

« 1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(381系「やくも」他編) | トップページ | 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 »

コメント

「黄色」塗装は最近の銀電と違って写真映りはバッチリ。ただ元祖のスタイルではないのが残念ですが湖東地区の黄緑一色よりはマシでしょうか。新型への置き換えが進んでいるので、「塗装変更や車体更新の国鉄型なんて」と批判するよりも今のうちに記録しておかないといけないようですね。
可部線は旧国(73形でした?)終焉の前に訪れたきりですが、名所の鉄橋は、背景はともあれ当時と変わらない様子を見て懐かしく感じました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月26日 (月) 00時06分

黄いない電車というタイトルから、はじめは東山線の100系が出てくるものと思っていたらJR西日本のこれだったんですね。同じ黄色でも三岐鉄道のようにアクセント色が入っていればもっと見栄えがよくなると思いますが、滋賀エリアのミドリムシや北陸エリアの青坊主に比べればまだ許せるかなって感じです。可部線は105系のイメージが強く残っていましたが、今ではいろんな電車が入線しているようで、勉強不足を痛感しました。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月27日 (火) 17時32分

可部線と言えば73系からオレンジバーミリオンの105系、と思っていたら、今はこんなことになっているのですねぇ。ビックリです。一色塗装もだいぶ慣れてきましたが、実際に見ないとわからないでしょうね。しかし、地滑りの跡はまだまだ生々しいですね。福塩線にも115系が入っているとは知りませんでした。この地区に関しては本当に浦島太郎状態です。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月27日 (火) 22時00分

黄色に限らず西日本の単色化には元々の塗装に馴染んだ目からは違和感を覚えますが、その車両自体が数を減らしていることを227系の進出からも体感できました。長らく訪れていなかった線区へ、皆さんも懐かしさと新鮮さを感じにお出かけください。(資材担当)

投稿: 資材担当 | 2016年9月29日 (木) 06時44分

 検査掛さん同様、可部線と言えば105形のイメージなので、こんな車両が動いていることにびっくりです。JR西カラーの単色の電車も違和感がありますが、緑や青に比べると、まだ、良いですね。そのうち、227系のようにアルミかステンレスになってしまうでしょうから、塗装車というだけでも貴重なのでしょうかねぇ。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年10月 5日 (水) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64242327

この記事へのトラックバック一覧です: 黄いない電車:

« 1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(381系「やくも」他編) | トップページ | 428.彼岸花通信2016 【大垣界隈】 2016/9/25 »