« 湖西北陸路(周回遅れ) | トップページ | 富田界隈凸午前勝負 »

2016年9月10日 (土)

夏の終わりにリハビリ鉄

 暑いから鉄ちゃんに行く気がおきない・・・なんて、言っている内に夏が終わってしまい、秋になった。秋になって、鉄ちゃんに行く気がおきるかと言えば、台風が続けて来て天気がもうひとつだし、それ以上に天気が良くなっても撮りに行きたい列車がない、という本質的な問題もある。

 先週北陸線で走った「なにわ」の「おわら風の盆」臨はちょっと食指が動いたけれど、残念ながら所用でアウト。トワイライトの信州詣では行きたいと思い、事実、お誘いも受けていたが、これは台風直撃の可能性もあり、取りやめとした。現地ではそれほど悪天候ではなかった、との話もあるけれど、まあ、あの状況では出撃は無理ですね。

 と、いうことで、出撃の機会はほとんど巡ってきません。これだけ出撃していないと、カメラの調子も悪くなるし、腕も鈍る。ということで、天候の状態を見て、リハビリがてら近場に出撃することにしました。

_5d38443
 まずは、随分前の8月下旬になるけれど、ロクヨンの原色重連が走ると某チャンネルで見て中央線に出撃。ちょうど、稲が良い色になってました。ところで、1012と1019の重連だけれど、なんでこんなに色が違っているのでしょう?同じ国鉄色のはずなのに。

 このあと、高速で一宮まで追いかけ、稲沢の手前で再度この列車を撮ろうと欲張りじいさんをしたけれど、楽勝で間に合うと高をくくっていたら、直前の踏切で長時間待たされてアウト。油断しすぎたか・・・(>_<)

 _5d38463
 まあ、このまま帰るのは面白くない、と、いうわけで、稲穂が色づいていないか確かめることもあわせて関西線の白鳥信号場に移動。ここは田植えが遅いのか、この時には稲穂はまだ青々してました。

_5d38483
 日にちは変わって、台風一過で午後から晴天の日。前回の屈辱を果たすべく、稲沢の踏切に再度、3084レを撮影に向かいます。ところが、今度は大チョンボ。パンタのうまく抜こうとタイミングを計っていたら、無意識でカメラを振ったようで、なんと編成の後ろが切れてしまったんですね。いまどき、こんな素人のようなミスをするとは・・・やはり、しばらくカメラを触っていなかった反動なのかしら。もっとも、この前のカットは、一応編成は後ろまで入っているので、それは使えるのだけれど。

 つづいて、定番の白鳥信号場に再度移動。ここで検査掛さんとバッタリ遭遇です。お疲れ様です。まあ、72レは同じアングルで面白くないので、夕暮れの2084レを。

_5d38524_3
 某チャンネルによると、この日は2084レに原色機が入るとか。加えて、日没時間を計算すると、ちょうどこのあたりで夕暮れギラリになりそうで、この日の本命は実はこの2084レ。

 と、いうことで、狙いに行ったのは良いけれど・・・なんと、夕方に高架橋の橋脚に車が接触したと言うことでダイヤが乱れ、75レは八田抑止。2084レは10分ほどの遅れ。ところが、遅れが災いし、なんと直前に太陽が雲に隠れてしまい、わずか1分差でアウト。(>_<) それまでは、見事なくらいに絶妙の光線状態だったのに・・・泣くに泣けない、というのはまさにこのこと。

 直前に見た電車での絶妙な光線状態は、何とも捨てがたい。しかし、2084レが白鳥でこの光線状態で撮れるのは、天候と日没時間を考えると、どうも今日10日がラストの可能性が大、ということで、再度、スクランブル出撃です。

 ただ、さすがに2084レだけでは勿体ないので、行きがけの駄賃に三岐鉄道で撮影。ちょうど、稲刈りの時期なので、黄金色に染まって良いカットが撮れるのではないだろうか、とちょっぴり期待したのだけれど、結果は如何に。

_5d38538
 ホントは朝一番で出撃すれば良かったのだけれど、面倒になったのでゆっくり出撃。まずは先に出札掛さんが撮影された場所で藤原岳バックに貨物を狙うけれど、ゆっくり出撃が災いし、予想通り(^_^;)、この場所では正面光になってしまって、サイドが陰ってしまいました。やはりこの場所では9時の貨物を狙わないといけないのだろうなぁ、と例によって反省です。

_5d38557
 いつもどおり、この場所では三岐鉄道の貨物と北勢線を掛け持ちです。しかし、北勢線沿線の田んぼは、すでに稲刈りが終わってしまっているし、さらに4本待っても三重交通色はやってこず・・・・。運用に入っていないのかしら。

 昨日に続いて、何ともツキがありません。どうやら、カメラの腕のリハビリよりも、ツキを戻すことが先決のようです。

_mg_8986
 土曜日は重連の72レが運休なので、時間つぶしに春田に戻り、75レを撮影。実は、この場所でDD51貨物を撮るのは初めて。そういえば、昔、この付近に「DE50」を撮りに来たなぁ。(打ち間違いではありませんから、念のため)当時は、この辺りに家は全くなく、水田が広がってました。まあ、40年以上もたてば、風景もガラリと変わってしまうのだろうけれどもねぇ。

_5d38603_2

 と、いうことで、再び白鳥に戻って2084レ。微妙に薄雲に隠れてしまったけれど、かろうじて陽もさして、100点満点ではないけれど、なんとか、なんとかギリギリ合格点に近い写真を撮ることができました。実は、この日は山に雲がかかっていて、陽が差す可能性は低かったのだけれど、奇跡的に陽が差してくれました。と、いうことは、少しはツキが戻ってきた、ということなのかなぁ。戻ってきてくれていると良いのだけれど・・・。(駅長)

|

« 湖西北陸路(周回遅れ) | トップページ | 富田界隈凸午前勝負 »

コメント

その後のリハビリも順調?のようで何よりです。撮るものがないといいつつも、今回の駅長様のようにこういった身近な列車の普段着の姿をこまめに記録しておくのも、後々のことを考えると大事なことだと思います。今の白鳥の夕陽ギラリは2084列車が旬なようですが、冬場の72列車、今年も通うことが多くなりそうです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月11日 (日) 12時13分

 確かに身近な列車の普段着の姿をこまめに記録しておくことは大切なんですが・・・・いつもいつも白鳥信号場というのはねぇ。あとは鉄橋か、お立ち台か・・・関西線は撮る場所に限られるのが難点ですね。ま、どの路線もにたりよったりではありますが・・・。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年9月11日 (日) 15時08分

暑い暑いとダラケテたら、いつのまにか三岐あたり稲刈りが始まってるんですね。反省。(あまらぼ鍋屋町)

投稿: あまらぼ鍋屋町 | 2016年9月11日 (日) 16時45分

 ラジオで今年は天気が良かったので、5日ほど早いとか言ってました。沿線は、すでに半分くらいが稲刈りが終わってます。あと10日もすれば、彼岸花です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年9月11日 (日) 16時54分

撮影対象となる被写体が年々乏しくなっていくのは耐え難いですが、まだまだ地元には重連仕業の貨物列車が中央~関西や三岐、衣浦など豊富に走っているので、特定の機関車が運用に就けば即効でも出撃できるのは、他所の地方の同業者から見ればなんと贅沢なことでしょう。来月には石油貨物が復活してDD重連仕業が多く見られることに期待して、体力を蓄えておきたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月11日 (日) 20時39分

リハビリお疲れ様です。白鳥ではご挨拶もソコソコに失礼しました。当日はどうもツキがなかったようで、ダイヤが乱れると思うように撮れませんね。私自身はあんまり国鉄色にこだわるつもりはないんで、来てさえくれればいいのですが・・・。DF200もやってきてDD51も後がなくなってきているので、関西線に通うことが多くなりそうです。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月12日 (月) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64185121

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりにリハビリ鉄:

« 湖西北陸路(周回遅れ) | トップページ | 富田界隈凸午前勝負 »