« 小浜線・125系の秋 | トップページ | 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 »

2016年9月19日 (月)

カンバン掲出列車

今年のシルバーウィークは散々な天気予報。せっかく篠ノ井線方面までカシオペアの撮影計画をしていたのに、あまりの悪天候ぶりに出撃を断念しました。ツイッター等によると、撮影地が点在する聖高原付近のお立ち台各所では前日からの場所取り含めてかなりの激パぶり。案の定、本番時は予報的中して大雨の中での撮影だったようです。なにしろ、大混雑の中で傘をさしながら、もしくはズブ濡れになりながら撮影をするほどのド根性は持ち合わせておりませんので、どうかご勘弁下さいませ(ご同行予定されていた電車運転士様、スミマセン)。

そんなわけで、シルバーウィークの期間はなかなか好天が見込められないようですが、せっかく休日が続くので近場でカンバン掲出列車(つまり、マーク付列車ですネ)でお茶を濁すことにしました。

名鉄100系の2編成に、先週あたりから沿線の催事をPRした系統板が掲出されています。貫通扉を持つ100系が系統板を掲出したときの顔つきは、かつての名鉄電車のイメージをそこに重ねてしまうせいか、いくらか体裁よく凛々しい姿に見えるのはちょっと褒め過ぎでしょうか。しかし相変わらず描かれている文字情報が細かすぎて、近くまで寄らないと判読できないデザインでは本来の目的が達成できないのでは?

116f

今年もJR貨物広島車両所公開のPRマークが、一部の注目の機関車に装着されました。名古屋界隈では17日の2082レでそれを撮影できるようなので、さっそく撮影地まで。ところが稲沢構内で発生したトラブルの影響を受けて、通過したのは所定の30分遅れでした。
ところで、ヘッドマークの果たす役割は特定の列車であることを示すことにあります。しかし当マークは、かつてのブルトレや高速貨物「スーパーライナー」等のマークとは趣旨が異なるため、かえって顔を汚すような性格のマーク装着には否定的なご意見があるのも事実です。過去の名列車のものをアレンジしたデザインがせめてもの救いでしょうか。

2082r

因みに、このマークは驚愕でした。↓これほどの巨大サイズ、ほかに見たことがありません(笑)。過去ネタ失礼!(出札掛)

198608

|

« 小浜線・125系の秋 | トップページ | 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

最近は名鉄(電機、廃車回送を除く)を撮ることがめっきりなきなりましたので、どんなカンバンが掲出されているのか、サッパリです。JR貨物も10月が近づくとなにかしら出すようですが、継続的に撮っていないのでコチラも・・・。3コマ目のマークにはビックリですが、それほどイヤな印象を受けないのはナゼでしょうか?でもこんな列車があったんですねぇ。知りませんでした。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月20日 (火) 18時18分

M社の最近の看板はデザインが凝りすぎて遠目には何が書いてあるのかよくわからないものが多くなっています。毎年恒例の貨物フェスのHMもなかなか捕まえるチャンスが少ないですが、確実にゲットされているのはさすがです。EF65の巨大看板はそのものズバリの内容が書かれており、何が書いてあったっけ?などと迷う必要がないのはある意味助かりますね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月20日 (火) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64223018

この記事へのトラックバック一覧です: カンバン掲出列車:

« 小浜線・125系の秋 | トップページ | 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 »