« 「サロンカーおわら」と、そのついでに | トップページ | 「サロンカーおわら」とそのついで(検査掛編) »

2016年9月 4日 (日)

424.久しぶりの凸詣で 2016/8/31・9/3

 DD51唯一の定期運用を担当している愛知区ですが、とうとうDF200の試運転が開始されました。これでDD51の今後について確実に動きが出たわけで、その去就についてますます目が離せなくなってきました。置き換え時期などが発表されると各撮影地は激パになることは必須と思われます。8月末から9月の頭にかけて、関西線エリアを訪れるチャンスがありましたので、ご報告いたします。

 

12_dsc392316121

 本題に入る前に、自分が撮った5282列車と79列車の邂逅をご紹介します。ただ、出札掛様のようにベストなタイミングにはならず、79列車のDD51が電柱に掛かってしまいました。微妙な立ち位置の選択誤りでした。これには以下のようなどうにもならない事情がありました。
【2016.1.21 ささしまライブ~小本】(電車運転士)
 
22_dsc391416121

 この日は79列車の運用に国鉄色のペアが充当されており、これを捨てて離合1本にかける勇気がありませんでした。これを撮影後、振り向きざまに離合を撮ったため、立ち位置を選んでいる時間もなく、上の写真のような結果となりました。
【2016.1.21 ささしまライブ~小本】(電車運転士)
 
32_dsc352816831

 831日は休暇をとっていましたが、所用と家族運用の間に隙間時間があったので、夕方ちょっとだけ関西本線に足を運びました。徒歩鉄のため、5380列車は白鳥には間に合わず、やむなく日光川の堤防で待ちましたが、陽が側面に回りきっておらず、中途半端な感じになってしまいました。
【2016.8.31 蟹江~永和】(電車運転士)
 
42_dsc354216831

 72列車までには時間があるので、白鳥に移動しました。周囲の田んぼは黄色く色づきつつあり、赤とんぼが飛び交うなど、秋の気配が漂っていました。まだまだ残暑は厳しいですが、季節の移ろいは確実に進んでいます。
【2016.8.31 永和~弥富】(電車運転士)
 
52_dsc355916831

 運用が順番どおり回れば75列車は国鉄色の853が先頭に立つ予定でした。この運用は75列車の時に差し替わることが多いので、どうなることか危惧していましたが、予定どおりに来てくれて安堵しました。夕方の斜光線に国鉄色が映えます。
【2016.8.31 永和~弥富】(電車運転士)
 
62_dsc35841693

 出札掛様のご報告のとおり、93日は「サロンカーなにわ」が米原経由で金沢まで運転され、当初はそっちに参戦するつもりでしたが、DD51の運用を見ていると国鉄色の8531805がいい時間帯のタキとコキの列車に入りそうだったので、直前で予定を変更し、関西本線に浮気してしまいました。生憎の曇り空だったので、晴れれば逆光になる5263列車は朝日の踏切で待ちました。ここは夕方の75列車が絶好の光線で撮れるポイントで、条件が整った時にはそれなりに激パになるようです。
【2016.9.3 朝日~富田】(電車運転士)

 

72_dsc3606169

 

 四日市の停車時間の間に塩浜線に先回りしました。海山道の跨線橋はまだ撮ったことがなかったので、今回はここに行ってみました。右側の空き地は貨物輸送華やかかりし頃は線路が敷設されていたと思われ、時代の流れを感じさせます。
【2016.9.3 四日市~塩浜】(電車運転士)

 

82_dsc366416

 18052085列車の運用に入っていました。天気は回復基調になって陽が差してきたので、順光ポイントのここに来ました。土曜日ということもあってか機関車の直後は空コキが連なっており、編成的には迫力不足でした。遠目には単機回送に見えたので、一瞬焦りました。
【2016.9.3 富田浜~四日市】(電車運転士)

 

92_dsc37061693_2

 5282列車は853の単機回送だったので、割愛させていただくこととし、2080列車は白鳥では時間的に光線状態がよくないので、広角使用のローアングルで機関車アップを狙ってみました。今度はコンテナがしっかりと積載されていたので助かりました。
【2016.9.3 永和~弥富】(電車運転士)
 
102_dsc0066

 この日の7972列車は運休だったので、75列車までの間、近くを走る近鉄で時間つぶしをしました。新色も徐々に増殖が進んでおり、目にする機会も増えてきました。後で慌てることのないよう、今のうちに現行色を撮っておきたいです。
【2016.9.3 佐古木~近鉄弥富】(電車運転士)
 
112_dsc3743

 自分にとって、世代的には近鉄特急といえば、まずこの顔が思い浮かびます。運用を把握していたわけではなかったのですが、運よく来てくれました。しかも、パンタは下枠交差ではなく菱型でした。菱型のダブルパンタは文句なく格好イイです。
【2016.9.3 佐古木~近鉄弥富】(電車運転士)
 
122_dsc3765169

 75列車は運用どおりなら853が来るはずでしたが、残念ながら赤更新の890に差し替わってしまいました。それでも光線状態は最高だったので、ある程度ショックは緩和されました。ここでの75列車の国鉄色はチャンスがあれば再挑戦したいです。
【2016.9.3 蟹江~永和】(電車運転士)

 

 

 

|

« 「サロンカーおわら」と、そのついでに | トップページ | 「サロンカーおわら」とそのついで(検査掛編) »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

短期間で多くの、しかも原色のDD51を捉えられて頭が下がります。時間を無駄なく、また情報をきちんと調べられたうえでの撮影行、さすがです。永年見てきたDD51、頭の片隅にはいまだに蒸機の敵「赤鬼」という印象をぬぐえないのですが、ワザワザ遠方から多くの方が撮りに来られるのですよね。地元としてはもう少しガンバらなければ(^-^;(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月 4日 (日) 17時48分

DDと近鉄スナックカー、さらに三岐の貨物や北勢線の旧塗装など、関西線沿線は注目ネタが集まっていますね。今後は三重県方面へ通うことが多くなりそうです。「撮るものがない」なんて思っていましたが、忙しくなりそうです。特にDDのメジャーポイントは今のうちにひととおり押さえておきたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月 4日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64155144

この記事へのトラックバック一覧です: 424.久しぶりの凸詣で 2016/8/31・9/3:

« 「サロンカーおわら」と、そのついでに | トップページ | 「サロンカーおわら」とそのついで(検査掛編) »