« 速報! DF200 関西線試運転 | トップページ | 黄いない電車 »

2016年9月25日 (日)

1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(381系「やくも」他編)

もともとの主目的が何だったのか、今となってははっきりとは思い出せないのですが、8月、9月と1カ月のうちに2回訪れることとなったのは、1回目に見てしまった381系「やくも」のバラエティによるものであることは間違いのないところです。
前年に紀勢線に283系が投入され、日根野区の381系に余裕が出て、「やくも」のリニューアルに際し、一部が出雲所に貸し出されることによって発生したものです。
なお、撮影場所は前編同様、特記がないものは庭瀬・中庄間です。

Img7751997年8月16日  9レ 児島
「電車たち」といっているのに、いきなり電車ではないもので失礼します。
前日夜、名古屋を立って夜行バスで坂出に着いて瀬戸大橋線で児島まで戻りました。「瀬戸」を迎え撃つにはここが限界で、全く知識のないまま降り立ち、到着ホームを確認して待ちました。
(カラーポジは中浮きしてしまいました。)

Img9761997年8月16日  520M 児島
瀬戸大橋線ができてローカル線に転落した宇野線には阪和線から転属したクモハ123が使われていました。かつては、国鉄最後の吊り掛けモーター営業車クモハ83が使用されていましたので、2世代続けて荷電からの改造車が使われたことになります。
こちらも下調べをしておらず、撮れたのは偶然でした。後追いですが、パンタ側の顔が凛々しいですね。

Img9821997年8月16日  1011M
岡山で到着を確認した1012Mの折返しです。後になってわかったのですが、編成ごと国鉄色で撮れたのはこれ1本のみでした。

Img10151997年8月16日  1017M
お盆の最終日とあって381系もフル使用に近く、「やくも」よりも先行して整備が進められていた「スーパーやくも」が揃った塗色の9連でやってきました。

Img10211997年8月16日  1018M
「スーパーやくも」は混色が見込めないので、次の上りを狙いましたが、新色基本編成6連+国鉄色増結3連でした。この場所は広そうに見えますが、9連だと前後両方を撮影するのは難しい場所でした。

Img10301997年8月16日  1020M
そしてついにやって来た3色編成!だがしかし、しかし、長い9両編成なので、唯一のスーパー色が下り方先頭車なのでよくわかりません。折返しの1019Mは失敗してしまいました。

そしてリベンジの9月10日。

Img0611997年9月10日   大安寺・吉備一宮  726D
吉備線も平日朝、上り岡山行は輸送力列車が数本あり、編成が長くなる分、混色の可能性があります。特にこの726Dは急行「砂丘」の間合い使用が連結されているため、最低でも3色となります。
Img18041997年9月10日  1022M
この日は夏休み明けの平日で、「やくも」「スーパーやくも」とも、来る列車全て6両編成。なかなか思うような編成で来てくれませんでしたが、待った甲斐があり、ようやくサロに「スーパーやくも」色を組み込んだ3色編成が来ました。

Img18091997年9月10日  1021M
折返しを撮ってとりあえずリベンジ達成です。

あとはオマケですが・・・。

Img10761997年9月10日  754レ  EF64 1046
当然ながら伯備線からの貨物も来ました。当時の配置は岡山区で全て国鉄色でしたね。

Img10901997年9月10日  783レ  DE70  1
水島臨海のDLもケミカルタンク車を牽引して走っていました。

Img10931997年9月10日  2755レ  DE10  1143
ほぼ続行で岡山区のDE10牽引のコンテナが走っていました。

Img18061997年9月10日  1063レ  EF66 7
貨物機もJR化が進んでいましたが、こんなのも当たり前に来ました。

8月16日も9月10日もいい天気でした。目的を達成した後は、岡山区でDE50 1を撮影後、廃止間近の「砂丘」を撮って帰路につきました。(検査掛)








|

« 速報! DF200 関西線試運転 | トップページ | 黄いない電車 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

特急編成で3色というのは珍しいのではないでしょうか。コレを撮りたくて遠征したいと思っていましたが、企画倒れで終わりました。それにしても、岡山地区にいるだけで特急から普通列車、気動車まで実に多彩な塗装が見られたのですね。その反動で、当時は何の変哲もないJR貨物の機関車には目もくれなかったのですが、こんなときの何気ないカットが貴重なものになろうとは。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月25日 (日) 16時25分

画像を拝見して、「やくも」もリニューアルの過渡期は編成・塗色のバラエティーが豊富だったということを思い出しました。特急車両の3色混色はなかなかお目にかかれないもので、貴重な記録になったと思います。その前後に記録されている「瀬戸」や国鉄色の各種機関車にも懐かしさを感じました。JR化直後はまだまだ国鉄の雰囲気が十分に味わえた時期だったですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月27日 (火) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64246132

この記事へのトラックバック一覧です: 1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(381系「やくも」他編):

« 速報! DF200 関西線試運転 | トップページ | 黄いない電車 »