« 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 | トップページ | クマ出没 »

2016年9月19日 (月)

1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(ローカル電車編)

残念な天候が続いてなかなか撮影に出かけられません。(少し前までは、理由が少々違うだけで出かけなかったことに変わりはないのですが( ^ω^ ))
そんなわけで、またぞろ過去のカラフルシリーズです。そろそろネタ切れになってきましたが・・・。

今回は1997年の山陽本線岡山地区編です。
JR化も10年余りたち、各社の独自感もだいぶ進み、さらに各支社間のカラーもほぼ固まりつつありましたが、JR西日本は本州の他社に比べると、閑散線区も多く、財政的には厳しいので、一部の115系を除けば、どこぞかのお古が頑張っていました。
なお、事情により、この年は8月、9月と短期間に同じ場所に出かけましたが、特記以外は庭瀬・中庄間での撮影です。

Img9811997年8月16日  324M
記憶では夜行バスで早朝、坂出に到着し、本四連絡線で「瀬戸」など撮影した後、本州に戻りました。この日唯一撮れた混色、広島色3000番台4連+湘南色(岡山区)1000番台4連です。

Img1002_21997年8月16日  432M
伯備線からの輸送力列車が115系(1000番台)3連×2でやって来ましたが、後部のモハ114は夏にもかかわらず、ダブルパンタを上げて来ました。

Img993_21997年8月16日  326M
長駆、下関所の115系もやって来ます。クハは2扉転換クロスの3000番台車、モハは3扉セミクロスの0番台車です。

Img10231997年8月16日  3725M
当時、テーマパークブームの中、倉敷美観地区の観光客を取り込もうと、倉敷駅の南口に「チボリ公園」なるものができ、そのアピールのためにわざわざこの頃新鋭の221系4連を借り入れて「チボリ号」として快速列車に投入していました。

Img10631997年9月10日  430M  庭瀬
JR西日本の使いまわしの最たるものがこの103系でしょう。いかに輸送力が必要かはわかりませんが、2扉転換クロス車と同等に4扉ロングシート車を同じ線区で使用する気がしれません。221系の新快速から姫路で乗り換えるのにこれが来てガッカリした方もみえるのではないでしょうか。東京では「ウグイス色」でしたが、岡山では「マスカット色」と言われていたようです。

Img1059_31997年9月10日  1734M
国鉄では限定線区で使用する目的で製造された105系も、福塩線用については岡山への集中配置となり、営業運転で入出区しています。

Img10771997年9月10日  3726M
これも使いまわしの一例、時間1本走っている「サンライナー」。専用塗装にするなど整備していましたが、合理化の一環として実施されている一色化で、最近この塗り分けも過去のものとなりました。

Img10891997年9月10日  441M
使いまわしのもう一例。117系の短編成化により余剰となった中間のモハユニットを115系(3500番台)に編入しました。湘南色に塗り変えられているので、パッと見た目はわかりませんが、パンタの位置と台車を見れば一目でわかります。どうせなら下関のユニットと振り替えればよさそうなものなのに、理由がわかりません。

JR西日本もようやく地方線区にも目を向け、広島に大量の新形式227系を投入しつつあり、115系もカウントダウンという状況になってきました。
次回は381系「やくも」他をご覧頂きたいと思います。(検査掛)



















|

« 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 | トップページ | クマ出没 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

いや、驚きました。こんなに車両のバリエーションが多い区間だったとは・・・。普通列車にはなかなかカメラを向けようとしませんでしたが、これだけ集まると立派な記録となりますね。形式もドアの数もまちまちで、まるで昔の名鉄電車みたい。
そういえば「チボリ公園」というものがありました。すでに19年も前の事ですか。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月20日 (火) 21時08分

いつも同じことばかり言ってるみたいですが、こんな時代があったことすっかり忘れていました。何でも来るものは撮りたくなるぐらい様々な車両が走っていたなんて今では夢のように感じられます。乗りたくはない嫌われ者の103系も塗色だけで写欲がでてくるから不思議なもの、鉄の性ですかね。それにしても、解説がないとすぐには編成の特徴を理解できないほど車両のバリエーションに気付かなくなってしまいました。(資材担当)

投稿: 資材担当 | 2016年9月20日 (火) 23時27分

国鉄からJRに変わって各地で様々な塗色の車両が登場しましたが、山陽エリアも例外ではなかったようで、懐かしく拝見しました。コスト削減とはいえ103系の転配はここまでやるのかと正直びっくりしましたが、これも過去のものとなってしまいました。写真を拝見して、やっぱり伝統の国鉄色が一番しっくり収まっているような気がします。国鉄色というのはやっぱり秀逸だったということに思えます。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月23日 (金) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64226848

この記事へのトラックバック一覧です: 1997年夏 山陽本線岡山地区のカラフルな電車たち(ローカル電車編):

« 426.1981年冬 北の大地で撮り鉄行脚 9号車 【広大な太平洋とサラブレッドの里】 1981/2/24・25 | トップページ | クマ出没 »