« キハ120を追う(三次地区) | トップページ | カンバン掲出列車 »

2016年9月18日 (日)

小浜線・125系の秋

大げさなタイトルは置いといて、暫く訪れていなかった小浜線に125系を撮りに出かけました。この日9/3はまずまずの天気で、田圃の緑や黄色も目に鮮やか、気持ちが良くなります。なお、とても見づらくて車番は確認できなかったことを始めにお断りしておきます。(昭和人間は国鉄書体がお気に入りです)

B934    934M  *A

サイド狙いでパシャパシャやった内の1コマ、偶然太陽光が反射したところを写せたのですが、車体の感じが随分違った印象を受けました。
B937    937M

だんだん日が傾いてきました。雲が増えてきて空の様子はこんな感じになっていました。こちらの田圃はかなり黄色く色づいていました。
B938    938M

ここまでは午後の様子です。みな2連でやって来ました。
これだけでは物足りませんので2週間後の9/17に再訪しました。天気は曇りで雨が降ってきやしないか気掛かりなところもあったのですが、一方で光線の向きをあまり気にしなくてもよいので出かけることにしました。
何かというと・・・・ やはりこの4連を撮らねば小浜線へ行く価値がありません。上と同じ場所の道路橋からの俯瞰ですが、手前の田は稲刈りが終わっています。
C925    925M

4連の前に反対側から意外な車両がやって来ました。知らないだけかもしれませんが521系は定期運用であった?数字を逆並びにすればタイトルの形式ですね。状況はよくわかりませんが、敦賀から北陸線を上っていく125系2連もこの後で目にしました。両者(車)は十村で並んだところを橋の上から確認できました。

C926    926M

日中は2連ばかりだったので単行は無くなってしまったのか、というのは杞憂でした。メーカー名がしっかり入った青色シートカバーがちょっと残念ですが、所有者の器具を大切にする心が伝わってくると自分に言い聞かせました。刈取りのすんでいない場所を選ぶのに苦労する状況になっていました。

C928    928M

偽りのタイトルにならないように何とか見つけ出しました。時期的にはまだ早いみたいですね。
C927    927M

単に沿線観察のつもりで立ち寄ったら目に入ったのでこちらも撮影しました。気が付かなかっただけかもしれないですが、この一角のほかは見当りませんでした。
C929    929M   *B

余談。この写真でも分かりずらいですが、連結面の前照灯がちゃんと点灯していて、当然とはいえ対策はきちんと実行されているんだと感じました。
【注】撮影地 *A:大鳥羽・若狭有田  *B:若狭有田・上中  記載無きは藤井・十村  (資材担当)

|

« キハ120を追う(三次地区) | トップページ | カンバン掲出列車 »

コメント

連続の遠征、お疲れ様でした。地元ネタに乏しいときは思い切って遠征するに限りますね。
被写体は新鋭車両でものんびりした風景が癒してくれるのはありがたいものです。電化されて魅力が半減したのかなと感じていた小浜線。好き嫌いせずに出かけることが大事だということを改めて感じました。特にブツ4の925Mは何とも写欲をそそられる列車(笑)。ところで125系は転落防止ほろ装着の対象外なのでしょうか?(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月18日 (日) 19時35分

三次地区といい、小浜線といい、もうステンレスでもいい、と吹っ切れたようですね。こちらはまだ、国鉄時代を引きづっているところがあり、成長の差を感じさせられます。ヽ(´▽`)/
しかし、改めてクモハ125のトイレ側を見ると、なんとなくクモハニっぽくて面白いですね。前パンで撮ればなかなか凛々しそうだし、1枚目のような光線状態で撮れば、窓廻りのフラットの部分が白塗装に見えなくもない。これだけを撮りに行くのにはまだ時間がかかりそうですが、機会があれば狙いたいと思います。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月20日 (火) 18時10分

短期間での複数の遠征お疲れさまです。JRの電化区間で単車が主体という路線はそんなにはないと思いますので、新鮮な感じがします。4丁のパンタが上がった4両は見応えがあります。季節も確実に秋に変わっているようで、来週あたりはこちらのエリアでも彼岸花が満開になりそうなので、積極的に活動したいと思います。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月20日 (火) 20時13分

言われてみて改めてステンレス車を撮っていたのだと気付かされました。もう近場には鋼製車体が殆ど見られなくなりましたから。681系しらさぎぐらいですか?ステンレスでも地域限定車なら行ってみる価値がありますよ。いかがですか。
よう行けないけど、冬場はもっとパンタが上がるはずです。東海の両パン上がりっぱなしと違って季節限定なのが悩みどころです。ここの125系、3連は無くなってしまったのでしょうか。加古川線の方も見に行きたいのですが‥‥ (資材担当)

投稿: 資材担当 | 2016年9月20日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64219905

この記事へのトラックバック一覧です: 小浜線・125系の秋:

« キハ120を追う(三次地区) | トップページ | カンバン掲出列車 »