« 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 | トップページ | 小浜線・125系の秋 »

2016年9月15日 (木)

キハ120を追う(三次地区)

16m級の短い車体のJRWキハ120、決して好きなタイプではないのですがいつの間にか追いかけるようになっていました。今回は9月10日の様子をお伝えします。
現地に近づくにつれ深い霧が立ち込め心がくじけそうになりますが、ともかく沿線の状況を確認していきます。先ずは福塩線府中行を追いました。この駅は「きさ」と読むそうです。下り列車行き違い待ちのうちに撮りました。ご覧のとおり霧がかかっています。

1_1722d1722D キハ120-327 広ヒロ

三次方へ少し戻って、その下りを狙いました。
2_1721d1721D キハ120-17 広ヒロ   【吉舎・三良坂】


この次は様子伺いを兼ねて三江線へ。まだ霧が晴れてくれませんし、空には雲もあり露出は芳しくありません。

3_421d421D 120-315 米ハタ  【粟屋・尾関山】


この後また塩町方面へ廻ります。三次は3線区の接続点なので、時刻表と睨めっこしながら数を稼ぐために忙しく移動することになります。こちらで3本撮っているうちに少し晴れ間がのぞくようになりました。

4_353d353D 120-332 広ヒロ  【下和知・塩町】

また三江線側へ。何やらラッピング車が付いてきました。
5_423d423D 120-357 120-310 米ハタ  【尾関山・三次】

折返しの424Dは421Dと同じ橋で待ち構えました。この時は知りませんでしたが、ラッピング車の運行予定表なるものがネット上に掲載されていました。
6_424d
7_424d424D 120-310 120-357 米ハタ  【粟屋・尾関山】


ちょっと追いかけてみることにしました。ろくに下調べもしていないので行き当たりばったりの撮影です。同業者の姿もそこそこ見かけました。自分がいったいどのあたりにいるのかはカーナビが頼りです。
8_424d

9_424d

10424d

列車の速度があまり早くなく駅間もそんなに長くないため、よく考えて頑張ればかなりの回数のチャンスがあると思います。期間限定ですがよかったら皆様もいかがでしょうか。

下手な深追いでロスしてしまいました。戻ってきて芸備線広島寄りで40・47の列車をワンショット。そのあと塩町方面に向かい一部稲刈りのまだ済んでいない田圃がありそれを入れてみました。また曇ってきてしまいました。
11_358d358D 120-332 広ヒロ  【下和知・塩町】(後追い)

これで気動車はお終いにしました。この後ちょっぴり寄り道をして日帰りツアーを何とかこなしました。(資材担当)  

 

|

« 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 | トップページ | 小浜線・125系の秋 »

コメント

三江線も廃止の方針が打ち出され、雲行きが怪しくなってきましたので、激パにならないうちに訪問されたのは正解だったのではないでしょうか。三江線は北半分にDD16の貨物が走っていた頃に訪問したきりで、35年もごぶさたしてしてしまっています。沿線風景は上位にランクされる路線だと思いますので、山口線の蒸機と掛け持ちで行ってみたい気持ちもありますが、機会があるかどうかといったところです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年9月16日 (金) 11時29分

遠征お疲れ様でした!三次日帰り?すごいガツツ!新たなターゲットが見つかって良かったですね。三江線はかつて西日本で唯一C56が使用されていた線という認識しかありませんでしたが、廃止が決まったようでこれからは賑わうのでしょうか。電車運転士様の言われるように、山口線や新見のラウンドハウスなどと併せて行ってみたいですね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年9月16日 (金) 18時25分

こんなに遠方まで出かけられたのですか!たいへんお疲れ様でした。三江線と言えば、20数年前にC56が秋に走りましたが、それを撮りに出かけたきりです。風光明媚で鉄橋も多く、いろいろな撮影地がありそうですが本数が少ないのが難点です(ゆえに廃止の結論となる)。
キハ120ではキハ40系と比べると物足りなさがありますが、じ~っと見ていればローカル線にお似合いの車体寸法で、撮り方次第ではオモシロく写るかもしれません。亀山以西や越美北、猪谷以北で小手調べしてみましょう。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年9月16日 (金) 22時25分

出掛ける動機は、単純に配置区毎のカラーバリエーションを揃えたいなあという思いからです。もっとも鋼製車体の200番台は越美北線も木次線も塗替えられてしまったみたいで、オリジナルを記録していないため完全揃えは不可能となりました。
広島辺りが日帰りの限界で長門鉄道部運用車は遠すぎて行けません。泊りがけプランにすれば効率アップでお財布も楽なんですけどね。三セクならパスするのに国鉄/JRだとどうして頑張れるのか自分でも不思議です。三江線初めて行きましたが、とても良い景色を充分には味わう余裕がなかったのが今振り返ると心残り、かな?(資材担当)

投稿: 資材担当 | 2016年9月17日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64204690

この記事へのトラックバック一覧です: キハ120を追う(三次地区):

« 425.初秋の風景を求めて 2016/9/10 | トップページ | 小浜線・125系の秋 »