« 1986年 30年前の信州撮影行(その2) | トップページ | 422.長良川鉄道 夏色風景 2016/8/10 »

2016年8月 7日 (日)

宵の明治村への誘い

暑い日々が続きますが皆様お元気でしょうか?

各地で納涼の行事が行われていますが、明治村でも期日は限定的ですが、「宵の明治村」という展開をしています。
鉄道関係ではSL、京都市電(区間短縮)とも運転時間の1時間繰り下げを実施するとともに、京都市電は閉村時まで京都七條停留所で点灯の上留置しています。

Dsc_05452016年8月6日  SL名古屋
「宵」の期間、男女とも浴衣での入村料は500円と割安なので、村内は浴衣姿で華やかです。

Dsc_05532016年8月6日  京都七條
灯ともし頃(19:00)の様子です。

Dsc_05802016年8月6日  京都七條
早い時間帯は結構入れ代わり立ち代わり車外、車内とも写真を撮る一般の方がみえますが、辛抱強く待てば静かな状態で撮れる瞬間があります。

Dsc_0588

2016年8月6日  京都七條
展示車両は2両のうち、比較的きれいな2号車ですが、窓はほぼ解放状態なのは止むを得ません。

Dsc_05942016年8月6日  京都七條
20:30から帝国ホテル前の広場で花火が打ち上げられますが、同じ画像に写し込むのは無理でした。というわけで、そこまで粘る必要はありませんので、ご家族で行かれてもいいと思います。

8月の土日祝日、お盆の期間はちょっと一息いれて、「宵の明治村」へ行かれてはいかがでしょうか。(検査掛)




|

« 1986年 30年前の信州撮影行(その2) | トップページ | 422.長良川鉄道 夏色風景 2016/8/10 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

こんなに良い雰囲気の写真が撮れるとは思いもしませんでした。陽が落ちてから撮影された明治村の市電の画像は一度も目にしたことがないので、より刺激的です。背景が「真っ暗」なのが、よりイイ感じをかもしだします。浴衣姿の観光客が加われば一気にタイムスリップした錯覚に。そんな明治村ならではの鉄道フォトコンテストでも催されたら面白そうですね。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年8月 7日 (日) 21時58分

宵の明治村、なかなかの雰囲気があるというのがわかりました。蛍光灯ではなく白熱灯主体の京都市電は温かみがあっていいですね。浴衣姿の女性とうまく組み合わせることができれば多少なりとも明治の雰囲気を感じ取ることができるかもしれません。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年8月 8日 (月) 17時28分

 光に暖かみがある白熱灯が浮かび上がる京都市電の夜景、良いですねぇ。良いのはわかっているのですが、なかなか夜にここまで足を運ぼう、という気になれないので、いまだ未撮影です。浴衣の女性との組み合わせもなかなか難しいでしょうが、風情があって良いですねぇ。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年8月14日 (日) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64025945

この記事へのトラックバック一覧です: 宵の明治村への誘い:

« 1986年 30年前の信州撮影行(その2) | トップページ | 422.長良川鉄道 夏色風景 2016/8/10 »