« 寒い夏 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) »

2016年8月 1日 (月)

421.「旧型客車八ヶ岳号」in小海線 2016/7/30

 7月は長野県内の各地で旧型客車を使用したイベント列車が注目を集めていましたが、30日は小海線でDD16+旧型客車の「旧型客車八ヶ岳号」が運転されました。前日の29日には送り込み、翌日の31日には返却回送の設定があり、本音を言えば、看板が付かない前後の回送を狙いたいところでしたが、スケジュールの都合上、参戦できるのは看板装着が必須の30日しかありませんでした。小海線のDD16+旧型客車の組み合わせは、自分的には2009(平成21)年の秋以来で、ほぼ7年ぶりのことになります。

 

12_dsc206616730

 「旧型客車八ヶ岳号」は往路の中込発車が1024分と比較的遅い時間だったので、その前にウォーミングアップを兼ねて小淵沢のカーブでしばらく気動車を撮影しました。甲斐駒ヶ岳は頂上付近に微妙な雲がかかっていましたが、中腹にはいい感じの雲がたなびき、早朝の高原の雰囲気が出ていました。
【2016.7.30 甲斐小泉~小淵沢】(電車運転士)
 
22_dsc209616730

 往路はぜひ行ってみたい俯瞰ポイントがあったので、大事をとって早めにスタンバイしました。背景に姿を見せるはずの八ヶ岳は残念ながら雲の中でしたが、入道雲がいい感じで涌いてきたので、思い切って構図の中に取り込んでみました。
【2016.7.30 佐久海ノ口~佐久広瀬】(電車運転士)

32_dsc996616730

 本命の列車までにはかなりの時間があったので、それまでは気動車列車の撮影を続けました。時間が経つにつれ、八ヶ岳の姿が徐々に見え始め、期待が膨らんできます。たまたま急行色のキハ110が来ましたが、近くで見ると違和感があるものの遠目には写真写りがよく、これはこれでいいのかなと思いました。
【2016.7.30 佐久海ノ口~佐久広瀬】(電車運転士)

 

42_dsc212816730

 結局、期待を持たせた八ヶ岳は見えそうになかったので、DD16の列車は空をカットした構図を選択しました。次回のチャンスがあれば八ヶ岳がきれいに見えるときにリベンジしたいです。
【2016.7.30 佐久海ノ口~佐久広瀬】(電車運転士)
 
52_dsc213316730

 ほんのちょっと左に移動すると小さな鉄橋を渡る列車を撮ることができました。手前の木々の成長がかなり進んでおり、鉄橋が見えなくなるのは時間の問題と思われます。
【2016.7.30 佐久海ノ口~佐久広瀬】(電車運転士)
 
62_dsc214616730

 野辺山で約1時間の停車時間があったため、小淵沢のカーブに先回りできました。ここは往路の最後のポイントとなるため、追っかけ組も次々と集結し、最終的には激パの状況になりました。残念ながら、ここも八ヶ岳は雲の中だったので、背景の入道雲を入れる構図で待ちましたが、列車通過時には雲のかたちが崩れてしまい、100%満足とはいきませんでした。
【2016.7.30 甲斐小泉~小淵沢】(電車運転士)
 
72_dsc217616730

 復路はカーブのイン側で撮ろうと思い、速攻で場所を移動しました。入道雲がいい感じだったので、崩れないことを祈りながら待ちましたが、直前になって築堤から手前が薄曇りになってしまい、悔しい結果となりました。DD16の前部をよく見ると看板が付いていません。最初から予定されていたのか、急遽の変更だったのかはわかりませんが、ちょっとしたサプライズでした。
【2016.7.30 甲斐小泉~小淵沢】(電車運転士)
 
82_dsc220116730

 復路は途中の長時間停車がなかったため、追跡は諦め、ここに居座ることにしました。夕方近くになってわずかな時間ですが甲斐駒ヶ岳の頂上が姿を見せてくれました。この時季だと残雪がなくなってしまっているので、見た目普通の山とあまり変わりませんが、とりあえず撮れてよかったです。
【2016.7.30 甲斐小泉~小淵沢】(電車運転士)
 
92_dsc220816730

 地図を確認すると中央東線の富士見のお立ち台までは10分ほどで行けそうだったので、とりあえず行ってみたところ、ギリギリで「あずさ21号」に間に合いました。この後、再び小海線に向かうつもりでしたが、急な夕立に遭い、雨が止んだ時は日没時間となっていたため、撤収して帰途につきました。
【2016.7.30 信濃境~富士見】(電車運転士)

|

« 寒い夏 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

当日は同行できず失礼いたしました。代わりに31日ガンバって追っかけをしてきました。
先回お聞きした八ヶ岳俯瞰とはこの場所でしたか。晴れていれば山が真正面に現れてベストな構図となるだけに、次の機会があればトライしたく思います。ところで旧客の復路はHM無掲出というツイッターの書き込みをリアルタイムで見て、「うゎ、そうきたかぁ~」と叫んでしまいました。現場の方も、よくわかっていらっしゃるようで(笑)、撮影者の心をくすぐる演出だったのでしょうか。
小淵沢の築堤はいろいろな撮り方ができるので飽きないですね。久しぶりの小海線詣で、お疲れ様でした。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年8月 2日 (火) 12時04分

100%の満足ではなかったですが、それなりに楽しめました。31日の成果を楽しみにしております。復路の看板なしは本当にサプライズだったようです。こんなことなら列車主体でとればよかった(/_;)。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年8月 2日 (火) 18時36分

小海線撮影行お疲れ様でした。30日は出かけられると聞いていたので、どこかで会えると思っておりましたが、やはり絶景の場所を選択されたのですね。この区間の道がよくわからないので、よろしければご教授ください。お会いした小淵沢の大カーブは想像通りの激パでしたが、それでもまだ余裕のキャパでしたね。私としては、久しぶりのまとまった撮影行でした。
ところで、信州DCキャンペーンで、今回なぜ飯山線が除外されたのか、と思っていましたが、長野~豊野間が三セクになったので、設定し辛いようです。でも11月にまたなにかあるようですよ!(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2016年8月 2日 (火) 23時57分

 小海線の旧客、本運転でもヘッドマーク無しがあって、良かったですね。久々にイベント運転でも、充実度の高い撮影行になったかと思います。行きたかったなぁ。それにしても、やはり小海線は絵になりますね。またの機会を楽しみにするとしましょう。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年8月 3日 (水) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/63998872

この記事へのトラックバック一覧です: 421.「旧型客車八ヶ岳号」in小海線 2016/7/30:

« 寒い夏 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) »