« 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) | トップページ | 大追跡 »

2016年8月 3日 (水)

2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その2)

7月30日は白樺湖畔の宿で目覚めました。外は深い霧で天気はどうか?と思いましたが、高原特有の朝の状況だろうと出発しました。

本命の「旧型客車 八ヶ岳号」の中込発は10:24なのと、撮影時間帯に中央線で189系の臨時列車が5本走るので、最初は昨日同様「のぞみ大橋」へと向かいました。

Dsc_03912016年7月30日  青柳・茅野  6M
現地到着は8:00過ぎ。まずはE353系が登場して去就が注目されているE351系が新宿を目指します。

Dsc_03972016年7月30日  青柳・茅野  回9460M
「ムーンライト信州81号」で白馬へ到着後、ただちに新宿に回送される長ナノN102編成です。

Dsc_03982016年7月30日  青柳・茅野  9071M
回9460Mの3分後、「あずさ71号」が来るので場所の移動もできず、「のぞみ大橋」から覗きこんで撮影。M50編成を期待したのですが、「スーパーあずさ色」が来てしまいました。
この後、小淵沢近辺に貼りついて189系を主体にしようか悩みましたが、結局のところ大勢に流されました。

Dsc_04112016年7月30日  高岩・八千穂  9214レ
本命の旧型客車はここから追っかけることにしました。10:30頃にもなるとトップライトになるので、昨日の230Dの場所でもよかったのではないかと反省しきり。

Dsc_04132016年7月30日  松原湖・小海  225D
二発目は山中の雰囲気を感じさせるここにしました。一人だけ反対方向にカメラを向ける人物がいたので、訝っていると下りで急行色がやってきました。

Dsc_04392016年7月30日  松原湖・小海  9214レ

Dsc_04462016年7月30日  野辺山・信濃川上  9214レ
信濃川上のわずかな停車時間で間に合うか一か八か賭けてみました。ここも尋常ではない同業者がいましたが、かなりのキャパがあるので助かりました。

Dsc_04792016年7月30日  小淵沢・甲斐小泉  9215レ
ここで電車運転士様とお会いしました。挨拶もそこそこに失礼しました。(というわけで9214レは割愛します。)
折返しも外カーブで狙いました。晴れて贅沢ですが、夏らしい雲が欲しかったですね。通過時、ヘッドマークがないことにドヨメキが起こっていました。

9215レはスジも立っていて時間的に苦しいのと、進む方向に真っ黒な雲が出ていたので、ここで撤収しました。

31日の回送は、主たる用事との兼ね合いで、篠ノ井線内でとどめることにしました。それでも3回の撮影が可能です。

Dsc_05082016年7月31日  明科・西条 
通過30分くらい前に到着した時点ではそれほどの同業者数ではありませんでしたが、時間を追うごとに追っかけ組が次々と到着し、それなりの人数になりました。

Dsc_05202016年7月31日  坂北・聖高原
姨捨以外どこで撮っても光線状態は良くないので、2発目は有名撮影地を避けました。

Dsc_05312016年7月31日  姨捨・桑ノ原(信)
最後は、篠ノ井線で唯一順光で撮れるこの区間で撮ろうと考えて、長野道開通前の記憶をもとに現地に行ってみたら、かなり木が育っていて、4両を抜こうとすると善光寺平は諦めなくてはならない状況でした。編成が切れるのは避けたかったので、ここで撮ることにしました。
最後はお天道様に裏切られることなく、気持ちよく撮れましたので、これにて撤収です。

以上久しぶりの3日連続「鉄」で、一応満足の得られる結果でした。
参戦された電車運転士様、出札掛様、お疲れ様でした。(検査掛)




















|

« 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) | トップページ | 大追跡 »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

DD16の前は小海線内に居座ってしまったため、189系の臨時列車は眼中にありませんでした。近くを走っていたのにもったいないことをしてしまいました。往路の小淵沢のカーブではしっかりとごあいさつもできずに失礼いたしました。復路はせっかくの看板なしなのに直前に曇ってしまったのは残念でした。31日は天候にも恵まれ、本数も稼げたので、成果も大きかったのではないでしょうか。3日間お疲れさまでした。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年8月 4日 (木) 12時29分

30日は189の「あずさ」もあったので、欲張って掛け持ちすればネタ列車だらけの撮影という選択もあったようですが諸般の事情で31日しか参戦できませんでした。そういえば西条では簡単なご挨拶だけで、たいへん失礼しました。というのも、実はお会いした時、首にぶら下げていた汗拭きタオルをどこかに落として探している最中だったので・・・、この時期のタオルは必須ですから(笑)。
3日間に及ぶチビロク祭り、大変お疲れ様でした。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年8月 4日 (木) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64005310

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その2):

« 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1) | トップページ | 大追跡 »