« 421.「旧型客車八ヶ岳号」in小海線 2016/7/30 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その2) »

2016年8月 2日 (火)

2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1)

前週に引き続き信州を旧型客車が走ります。
JR東日本に唯一残ったDD16 11が7月29日、長野~小淵沢~中込(回送)、30日、中込~小淵沢~中込、31日、中込~小淵沢~長野(回送)と走りました。情報通の方から回送の時刻を教えて頂いたので、同居人の迎えという大義名分のもと、なんと3日とも撮影してしまいました。

Dsc_02922016年7月29日  青柳・茅野
まずは29日、線形からこの日が最も順光で走る日です。回送は、長野を未明に出て青柳に6時過ぎに到着、ということで、まずは「のぞみ大橋」で待ち構えます。日も出たりするのですが、本命の通過時はドン曇りでした。ここにも20名以上の同業者がいました。

Dsc_03102016年7月29日  富士見・信濃境
青柳の長時間停車を利用して先回りします。青柳のプチ撮影会でも次から次へと同業者が来るので、あまりキャパがないこの場所で足場を確保できるか不安でしたが、どうにか潜り込むことができました。ただ、前回来たときは、もう1スパン前でも撮れたような気がしましたが、木が伸びてダメになったようです。ここも太陽には見放されました。

Dsc_03382016年7月29日  小淵沢・甲斐小泉
甲斐駒は雲の中でしたが、キャパが広いこの超有名撮影地には平日にもかかわらず、100人を超える同業者が集まっていました。そんな我々の願いも空しく、ここでも太陽は微笑んでくれませんでした。

Dsc_03502016年7月29日  野辺山・信濃川上
小淵沢大カーブからの追っかけ組でここもかなりの人数が集まりました。もうすぐ収穫を迎えるレタス畑の中をゆっくり通過していきました。バックに見えるはずの八ヶ岳はご覧のように雲の中でした。ようやく雲も切れて、夏らしい雰囲気で撮れました。

Dsc_03562016年7月29日  佐久海ノ口・海尻
上記区間の後は撮影地は考えていなかったので、行き当たりばったりでここにしました。最初は橋梁を横がちに撮るつもりで国道を折れたのですが、たもとにあった大輪のダリアが目に入ったので、こちらを選択しました。次から次へとやってくる同業者たちに、この花を植えたおじいさんや、近所のおばあさんが何事かと驚いておられました。感謝!

Dsc_03672016年7月29日  馬流・高岩
さらに小海の数分停車で先行し、高岩あたりを目指しました。特に特徴のない場所ですが、同業者が数人構えていたので、撮れると判断してハンドルを切りました。追っかけではやむを得ないかもしれませんが、撮っただけ感は拭えません。

Dsc_03742016年7月29日  馬流・高岩  225D
旧型客車の追っかけはここでやめて、向日葵が咲いている場所があったので、ムリムリ写し込みました。期せずして首都圏色が2両目に入っていました。

Dsc_03782016年7月29日  馬流・高岩  230D
翌日のロケハンを兼ねて八千穂方に向かうと、やはり向日葵を植えている農家を線路沿いに見つけ、ここで気動車列車を2本狙ってみました。願わくば国鉄急行色を期待しましたが、残念ながら一般のキハ111+キハ112でした。

この後16時頃まで撮影しましたが、天気も怪しくなってきて、気力が失せてきたので撤収することにしました。
当初は宿泊費を浮かせるため、同居人の実家のある北信まで行くつもりでしたが、出発直前に白樺湖畔に激安の宿を見つけ、高速代や翌日の予定も考慮し、その宿に泊まることにしました。
30日、31日の結果はまた後程。(検査掛)
















|

« 421.「旧型客車八ヶ岳号」in小海線 2016/7/30 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その2) »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

チビロク祭り、たいへんお疲れ様でした。29日から出撃されていたとは、たいへん恐れ入りました。
小淵沢には平日にもかかわらず、すごい人出ですね。夏休みでもあるし、週末ということで有休とった社会人も大勢いたのでしょうか。小海線内ではチビロクに加えて夏らしい風景も得ることができたのは何よりです。ネタ列車が走った時は、せめてこうした「余裕」も兼ね備えておきたいと思いました。
引き続き30日以降の記事を楽しみにしております。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年8月 3日 (水) 12時04分

 3日連続の撮影行、お疲れ様でした。光線状態を考えると、29日が一番ベストかと思いましたが、肝心の場所で天候がもうひとつだったのは残念でした。それにしても、小海線は絵になりますね。ヘッドマークのないDD16客車だから、余計そのように思うのでしょう。またの運転機会を楽しみにしたいと思います。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年8月 3日 (水) 20時45分

3日連続のDD16まつり参戦お疲れさまでした。スケジュール的に30日の本運転しか参戦できませんでしたが、やっぱり回送も行きたかったです。小海線は景色がいいので、気動車でも絵になるところが多いです。平日でも有名ポイントは予想どおり激パだったようですね。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年8月 4日 (木) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64003699

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その1):

« 421.「旧型客車八ヶ岳号」in小海線 2016/7/30 | トップページ | 2016年夏 信州を走る「DD16+旧型客車」(その2) »