« 1986年 30年前の信州撮影行(その1) | トップページ | 宵の明治村への誘い »

2016年8月 7日 (日)

1986年 30年前の信州撮影行(その2)

7月29日、一旦帰宅して着替えを済ませ再び「きそ」の客となります。翌朝、小諸経由で小海線に入りました。

Img582

1986年7月30日  海尻・松原湖  230D
かつて高校生だった駅長様がお気に入りだったここへ行きました。まずは、当時小海線の主力、キハ58とキハ52の3連が小淵沢をめざします。

Img5831986年7月30日  海尻・松原湖  9233D
小海線での一つの目的がこれ。外装をこのようにした、キハ52 122+
キハ52 123を「ときめきの恋列車」として清里~軽井沢を1日2往復していました。

Img5841986年7月30日  海尻・松原湖  9134レ
9233Dと小海交換でこれがやって来ます。こちらは「パノラマ八ヶ岳号」、トロッコ列車の先駆けとなったような列車で、ヨ8000に乗る列車でした。

Img5851986年7月30日  信濃川上・佐久広瀬  9135レ
こちらも中込~小淵沢を1日2往復する設定で、折返しはここで狙いました。どうってことのない撮影地ですが、佐久広瀬から歩いて歩いてメチャメチャ暑かったことを今でも忘れません。

Img5861986年7月30日  信濃川上・佐久広瀬  239D
せっかくなので1時間ほど待って次のローカルも撮りました。

Img5881986年7月30日  野辺山・信濃川上  243D
佐久広瀬に戻り野辺山に向かいました。信濃川上方に徒歩で向かいました。最近、「旧型客車 八ヶ岳号」をここで撮影したものがアップされていましたが、イノシシ避けが設置されていて、高い位置からでなければダメになっていました。

Img5891986年7月30日  野辺山・信濃川上  9238D
さらに川上寄りに歩き、側面に日が当たる場所を探しましたが、時間切れで千曲川上流に架かる橋で「ときめきの恋列車」を撮りました。

Img5901986年7月30日  野辺山・信濃川上  9136レ
先日「旧型客車 八ヶ岳号」回送を撮ったあたりの逆向きと思われます。よくこんなところまで徒歩で行ったものです。
この日はこの列車の折返しを野辺山で撮って撤収しました。

Img5221986年7月31日  上田・西上田  回9334レ
29日同様再び「きそ」に乗り、早朝長野へ。この日はあまり撮影経験のない私鉄、600Vから1500Vに昇圧される上田交通へ足を踏み入れることにしていました。行きがけの駄賃、というか上田折返しの団臨があったので、今日こそはEF62牽引か、と期待を寄せていったのですが、EF64が来てしまいました。

Img5261986年7月31日  三好町・赤坂上
このときの目的は、上田交通生え抜きの車両より、東急から譲渡されたこの車輌を見たい、というのが本音だったような気がします。場所の選択も、旧東急車のモーター出力の関係から上田~中塩田限定だったためです。

Img5971986年7月31日  三好町・赤坂上
モハ3310は先に上田入りしていたので、あまり興味はなかったのですが、クハ3772は幼少のみぎり東急目蒲線でさんざんお世話になった車です。

Img5991986年7月31日  三好町・赤坂上
しかし、正直驚いたのは、この車が来たときでした。元ガソリンカー!豊鉄でク2400形を見て以来で、まだこのような車両が現役で走っているのは衝撃でした。

Img7581986年7月31日  上田・城下
場所を変えてク252の帰りを待っていましたが、帰ってきたのは相棒のこの車だけでした。

Img7601986年7月31日  上田
別の場所に向かうべく、、上田駅に戻ります。旧東急サハ5350改造のクハ290形を連結した丸窓電車モハ5350形(5353)が待っていました。ホームには、夏休みでどこかへ出かけるのか小学生に団体がいました。

Img7641986年7月31日  軽井沢・中軽井沢  3041M
この頃の私は国鉄>私鉄という構図なので、この場所にやって来ました。

Img5021986年7月31日  軽井沢・中軽井沢  3010M
短い時間で、489系ボンネット「あさま」のほか、「白山」「そよかぜ」、189系「あさま」も撮れてラッキーでした。しかし、ここに来たのは・・・。

Img7661986年7月31日  軽井沢・中軽井沢  9238D
これを撮りに来たわけです。

Img7921986年7月31日  別所温泉
再び上田交通に戻り終点の別所温泉につきました。

Img5101986年7月31日  別所温泉
よほどインパクトが強かったとみえ、普段撮らないようなスナップ的な写真を撮っていました。

Img5121986年7月31日  別所温泉
さらにこんな構図の絵も。我ながらビックリ!

Img513_21986年7月31日  舞田・八木沢
行きのロケハンで最も塩田平らしいと思われたここで、なぜか1列車撮っただけで帰路に着きました。

それにしても30年前は体力がありましたねぇ。我ながらビックリです。(検査掛)










  


  

























  

|

« 1986年 30年前の信州撮影行(その1) | トップページ | 宵の明治村への誘い »

「検査掛」カテゴリの記事

コメント

小海線に2本の珍しいイベント列車、自分も行きました。ヨ8000をトロッコ車両に見立てるワザが流行りだした頃ですね。乗り心地は如何だったのでしょう?
上田交通の車両も、このころはまだオイシイ車両が残っていたのですね。いろいろ掛け持ち撮影ができたはずなのに、小海線まで行っておきながら何故そんな発想が思い浮かばなかったのか悔やまれます。
それにしても“徒歩鉄”による各所訪問、お疲れ様でした。今なら「ウォーキングだよ」と称して割り切って挑まないと、決して同じ行動はとれないですね。若かりし良き思い出です。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2016年8月 7日 (日) 21時47分

DD16のトロッコ列車は自分も参戦しました。11号機ではなくラッセル対応の303号機というのがいいですね。「ときめき恋列車」はどうしても違和感があって秘かに「ときめき”変”列車」と呼んでいました。上田交通はぼちぼち昇圧による車両の総入れ替えが噂されていた頃で、自分も足繁く通っていました。丸窓電車をはじめとする旧型電車や沿線風景、駅舎などはローカル私鉄らしい雰囲気がぷんぷんで、絶好の被写体でした。昇圧後は訪れたことがないので、その後はどうなったのかの確認を含めて久しぶりに行ってみたくなりました。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年8月 8日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/64024400

この記事へのトラックバック一覧です: 1986年 30年前の信州撮影行(その2):

« 1986年 30年前の信州撮影行(その1) | トップページ | 宵の明治村への誘い »