« 401.桜鉄2016 2号車 【駆け足で名鉄沿線を巡る+α】 2016/4/2・3 | トップページ | 402.桜鉄2016 3号車 【朝練報告 第2弾】 2016/4/5・6 »

2016年4月 3日 (日)

西濃通信 2016/04/02

今年も桜鉄の季節がやってまいりました!天候と開花状況、そして当ブログほかのバックナンバーをそれぞれチェックし、さあ今年も頑張りましょう。

さて、桜鉄第一弾の目的地を思案していたところ、2日(土)は養老鉄道でD03編成さよなら運転が催されるという。どことなく地味~な雰囲気が漂いますが、このイベントに参戦しながら桜鉄も楽しもうという魂胆で西濃地方へ向かうことに決めました。

02 道中、笠松に少しだけ寄り道。開花状況は申し分なく、ほぼ満開です。しかしシャッターポイントは思いのほか限られるようで、現地に着いた朝7:30頃には定番の旧・東笠松駅アウトカーブポイントには三脚がいくつか並んでいました。天候は曇りがちだというのに、まあ熱心なこと。そんな定番ポイントはあえて避け、ほかに撮れそうな場所を探しました。撮影している間、少しずつ雲が薄くなり陽が差すようになってきました。

01 ふと菜の花の群生が目に付いたので、ファインダーに収めようと努力するも悪戦苦闘。次の目的もあり、あまり時間を費やすことができないので、こんな構図で妥協しました。画面下に写る駐車場に花見客の車が集まって来ないうちに撤収~。

5780 きょうの赤ホキ5780レにはロクヨン原色が充当されるので、これを狙うために穂積ー大垣の築堤に向かい、犀川の堤防に咲き誇る菜の花をアングルに入れました。日差しがかなり戻ってきて、花の色も映えます。

05 続いて、自分としては久しぶりの樽見鉄道ポイント、横屋ー十九条の犀川です。当ブログで以前に電車運転士様が掲載された記事を見て、肝心なところに木が伸びて撮り辛くなっていることが予見されましたが、堤防に咲く菜の花の群生を取り入れてごまかすことが出来ました。

042 1両を除いたすべてが車体広告等塗装車の樽見鉄道、仕方ないですね。

5085 樽見鉄道から移動すること僅か5分の東海道線揖斐川橋梁のお立ち台にて狙うのは、ロクロクニ-ナナが牽引する5085レ。たまには広角で非定番アングルでもいかがですか?(余談:“ニーナ”呼称を撲滅しましょう)

07 ニーナナ撮影の次は、樽見鉄道木知原駅南から狙う桜の定番アングルを目指そうと上り列車に間に合わせるべく向かいましたが、あれっ、ほとんど線路沿いとホームの傍の桜は絶望的・・・。以前、工場長様が当ブログに掲載された光景など全く見当たらず、桜のボリュームはどこへやら。急遽転戦して、谷汲大橋から見下ろす桜に矛先を変えてどうにか目的は達成できました。天候は曇り気味となり残念でしたが、この桜は元気でほぼ満開だったことに救われました。

08 いよいよ本命?の養老鉄道です。とりあえず揖斐駅付近で適当に撮影するつもりで付近の線路沿いを走っていたら、養老鉄道線にはあまり見かけない片ポールの地点を見つけました。それなりに撮れそうだったので、ここでD03編成さよなら運転の団臨を待ちました。
ところでD03編成の特徴は何でしょうか?外観上は他の車両と何も変わらないようですが不勉強ゆえの質問をお許しください。たとえ何の特徴も持たない一編成が引退するだけのことであっても、このようなイベントを催して増収対策を図らないといけないような3セクの台所事情、お察しします。それとも、もしかしたら“好きな人”が社に属しているのでしょうか??

09 計画的か偶発的かはわかりませんが、日中の揖斐機織り運用にラビット編成が充てられていました。天気は相変わらずの曇り空で残念でしたが、桜とラビット編成の競演を収められ、養老鉄道へ足を運んだ甲斐はあったようです。

2日の西濃地方は天候に恵まれませんでした。平野部で活躍されたメンバーの皆様、如何でしたでしょうか?さて次の桜鉄は山間部へ遠征?(出札掛)

|

« 401.桜鉄2016 2号車 【駆け足で名鉄沿線を巡る+α】 2016/4/2・3 | トップページ | 402.桜鉄2016 3号車 【朝練報告 第2弾】 2016/4/5・6 »

「出札掛」カテゴリの記事

コメント

 早速の桜出撃のご報告、ありがとうございます。樽見の広告車は・・・うーん、食指がそがれますが、気になったのは木知原の定番アングル。桜の木の枝が刈られてしまったのですか。(T_T)うーむですね。樽見鉄道は桜の季節の定番撮影地だけに、広告車の多いことと併せてこれからの行動パターンを考えないといけないようです。今週末は天気が悪かっただけに、来週は山間部に入って撮影ということになるのでしょうか。(駅長)

投稿: 駅長 | 2016年4月 3日 (日) 18時07分

西濃エリアの桜めぐり、お疲れさまでした。いろいろなポイントと注目車両が効率よくゲットできて満足度はなかなかのものだったのではないでしょうか。木知原の桜、今年はまだ行ってないので、悲惨な状況になっているとは知りませんでした。今年は花吹雪に挑戦してみようかなと思ってましたが、叶わぬ夢になりそうです。このダメージは結構大きいかな…。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2016年4月 3日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/63434983

この記事へのトラックバック一覧です: 西濃通信 2016/04/02:

« 401.桜鉄2016 2号車 【駆け足で名鉄沿線を巡る+α】 2016/4/2・3 | トップページ | 402.桜鉄2016 3号車 【朝練報告 第2弾】 2016/4/5・6 »