« ちょっとだけ南海 | トップページ | 砕石散布 »

2015年11月14日 (土)

379.秋色通信2015 【錦秋の(には遅かった)立山砂防軌道】 2015/11/11

 今年、新緑の時季に足を運んだ立山砂防軌道、紅葉の美しさも格別ということを耳にしていましたので、ぜひこの目で確かめてみたいとチャンスをうかがっていました。スケジュール調整をした結果、1111日を決行日としました。天気予報は芳しくない状況でしたが、この日を逃すと次は来シーズンということになってしまいますので、リスクを承知で強行してしまいました。なお、お声掛けさせていただいたところ駅長様とそのご友人にご同行いただきました。相変わらずの弾丸ツアーでしたが、お付き合いありがとうございました。

12_dsc1272151111

 砂防軌道が動き出すまでには時間があったので、地鉄の立山線で時間を稼ぎました。早朝の常願寺川には川霧が漂い、幻想的な風景が展開されていました。先のブログにアップされていた駅長様の秀作とは立ち位置が違うものをアップしてみました。
【2015.11.11 本宮~立山】(電車運転士)

22_dsc1325151111_8

 砂防軌道は11月上旬までの運転ということを聞いていましたが、第2週まで運転されるのか確かな情報を得ることができなかったため、現地確認ということになりました。運転があるかどうかわからないまま朝の山登り列車の時間に合わせて撮影ポイントに向かいました。そこから千寿ヶ原の車庫を観察していたところ、シャッターが開いて、続々と列車が出てきました。これで列車の運転は確実となり、一同ホッと胸をなで下ろしました。肝心の紅葉はピークを過ぎてしまっていて錦秋にはちょっと遅かった雰囲気だったので、10月下旬頃に訪れるのがベストのように感じました。それでもお名残りの紅葉は十分楽しめ、列車も露払いのモーターカーを含めて6列車が山に登って行ったので、まずまずの成果を得ることができました。
【2015.11.11 千寿ヶ原~中小屋】(電車運転士)

32_dsc1358151111

 昼前に山から下りてくる列車までの合間に元京阪3000系を撮りに有峰口の鉄橋に向かいました。紅葉の時季に訪れたのは初めてでしたが、まあまあの雰囲気でした。四季を通じて絵になる鉄橋です。
【2015.11.11 千垣~有峰口】(電車運転士)

42_dsc1384151111

 6月の時は立山線に浮気しすぎて昼前の山下りの列車がまともに撮れなかったという反省もあり、教訓を生かして時間に余裕を持って行ったつもりが、すでに山からの列車が千寿ヶ原に降りている最中でした。慌てて撮影ポイントに向かい、とりあえず1列車は撮ることができました。
【2015.11.11 千寿ヶ原~中小屋】(電車運転士)

52_dsc1402151111

 次の列車を期待して撮影ポイントを移動しました。カメラのセッティングが終わったところで警笛音が聞こえ、もう1列車を撮ることができました。さらに次の列車が来ることを信じて待ちましたが、一向に来る気配がありません。結局、撮影できたのは2列車だけ、先回に続きまたまたやらかしてしまいました。やっぱり浮気はしちゃいけないということなのでしょうか…。前回の教訓を生かしきれなかったのが残念です。
【2015.11.11 千寿ヶ原~中小屋】(電車運転士)

62_dsc1439151111

 昼一番に山へ向かう列車はスイッチバックで待ちました。ところが時間になっても列車が動く気配が感じられません。今日はもうダメかと諦めかけていたところ、車庫外に放置プレイ状態になっていた人車の編成がおもむろに動き出しました。これで最悪の事態は回避することができましたが、結局、登って行ったのはこの列車だけ、昼一番の列車の続行運転は期待できないのかもしれません。
【2015.11.11 千寿ヶ原~中小屋】(電車運転士)

82_dsc8787151111

 夕方の山下りの列車はこの時季だとすでに真っ暗になってしまうので、撮影は厳しく、その後は地鉄沿線に転戦しました。立山大橋で列車を待っているとやってきたのは最古参となった14720系でした。
【2015.11.11 本宮~立山】(電車運転士)

92_dsc1478151111

 巡り会うチャンスが少ない14720系だったので、線路端で撮っておきたいということになり、急遽、追い掛けることにしました。何とか先回りすることができ、岩峅寺の手前でゲットできました。
【2015.11.11 岩峅寺~横江】(電車運転士)

102_dsc1494151111

 富山の平野部に降りてきたら立山付近とは打って変わってのバリ晴れ状態、ただ残念なことに立山連峰は雲の中、秀麗な姿を拝むことはできませんでした。仕方なく順光側から元京阪3000系を狙いました。元西武のレッドアローは平日ということで一般運用に入っており、その姿を捉えることはできませんでした。
【2015.11.11 越中荏原~越中三郷】(電車運転士)

112_dsc1513151111

 下流側にススキが生えているところがあったので、シルエットにならないか試してみましたが、太陽の位置が鉄橋に対してほぼ平行していたため、思ったようなイメージにはなりませんでした。
【2015.11.11 越中荏原~越中三郷】(電車運転士)

122_dsc1524151111

 新宮川の田園地帯に場所を移しました。編成写真でも撮ろうと周辺をウロウロしていたとき、ふと立山連峰の方向を見ると剣岳の頂上部分が雲の上に見え隠れしていました。列車が来るまでの間に少しでも雲が取れないかと祈るような気持ちでいましたが、結果は時間切れでご覧のとおりの状況となりました。まったく見えないことを思えば救いがあるかもしれませんが、何とも消化不良に終わってしましました。
【2015.11.11 新宮川~中加積】(電車運転士)

132_dsc1546151111

 間もなく陽が沈みそうになる頃、シルエットを狙おうと思いましたが、線路が地面と同じレベルのため、足回りがきれいに抜けないこともあり、線路に近づいてのアングルとしてみました。夕焼け雲が思ったよりも少なく、中途半端な感じは否めません。やってきたのは元東急の8590系でしたが、やっぱりステンレス車体の4ドア車は地鉄には違和感ありありです。
【2015.11.11 新宮川~中加積】(電車運転士)

|

« ちょっとだけ南海 | トップページ | 砕石散布 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

ややマックスは過ぎた感がありますが、それでも紅葉の立山砂防を撮影できておめでとうございます。山を下りて来る列車を撮るのは、ダイヤのない鉄道の醍醐味とも言えますが、なかなか難しいですね。でも、夜明けの幻想的な風景や、錦の有峰口、瞬時見られた剣岳の山頂など、決行されただけの結果は残されたのではないでしょうか。天気予報を見てドタキャンしてしまいましたが、是非また来年企画してください。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2015年11月15日 (日) 11時47分

 長時間にわたる運転、お疲れ様でした。紅葉、撮影できた本数、地鉄の撮影などなど、ある程度の成果はあったものの、満点とは言えない状態で、宿題を残した感は強いですね。まあ、近いところですから、またのチャンスはあるでしょう。また、企画してください。(駅長)

投稿: 駅長 | 2015年11月15日 (日) 18時08分

立山砂防は、なかなか手強そうです。ギリギリの紅葉をバックにゲットできただけでも幸運というべきでしょうか。
地鉄も写欲をそそられるロケーションやひなびた駅舎など、たいへん魅力的な路線なので、一日かけて訪れてみたくなりました。車両のバリエーションもさることながら、え、14720も、もはや貴重な車両ですか。ますます行きたくなりました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2015年11月15日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/62676097

この記事へのトラックバック一覧です: 379.秋色通信2015 【錦秋の(には遅かった)立山砂防軌道】 2015/11/11:

« ちょっとだけ南海 | トップページ | 砕石散布 »