« DD51 852 の晴れ舞台 | トップページ | モ512 »

2015年11月 5日 (木)

378.秋色通信2015 【懲りない紀勢路詣で】 2015/11/3

 1024日に出札掛様に同行させていただいて訪れた紀勢本線、運用が順番どおりに回れば113日はオレンジツートンペアが327C328C333Cと、多気以南を1往復半する運用に入りそうだったので、どうしようか迷った挙句、性懲りもなくまたまた紀勢本線に行ってしまいました。これまで324C331C338Cの運用は何回か撮ったことがありますが、今回のパターンは初めてのことだったので、これまでとは異なる条件で撮れるのではないかという期待のもと、撮影を試みてみました。

12_dsc117615113 

 この日の手始めは相賀の定番俯瞰ポイントでのShainingSea、狙い目は324Cですが、11月上旬では微妙に早い感じでした。やはり太陽のベストな位置は12月上旬です。
【2015.11.3 相賀~尾鷲】(電車運転士)

22_dsc118515113_2 

 327Cは新鹿海岸で撮ることに決めていたので、速攻で移動しました。順調に移動できたおかげで326Dに間に合いました。海岸に釣り人の姿が見えたので、構図の中にお入りいただきました。
【2015.11.3 新鹿~波田須】(電車運転士)

32_dsc119815113_2 

 327Cは予定どおりオレンジツートンペアでした。これまでは県道からの撮影ばかりでしたが、岩場に降りることができたので、いつもとは違う雰囲気を狙ってみました。ところが、新鹿940分発では太陽が反対側に回ってしまい、列車はどこでしょう?的な写真になってしまいました。条件がよくなくてもオレンジツートンは存在感が失われないというもののちょっと無理がありました。風景を欲張りすぎるいつもの悪い癖が出てしまいました。
【2015.11.3 新鹿~波田須】(電車運転士)

42_dsc121215113

 出札掛様から古里海岸の線路端の草刈りが行われたついでに橋の真ん中付近にあった邪魔な木も伐採されたという情報をいただきました。現地確認したところ、情報どおりシャッターの切り位置の自由度が大幅に改善されおり、328Cはここで撮ることにしました。
【2015.11.3 紀伊長島~三野瀬】(電車運転士)

52_dsc121715113 

 328Cは紀伊長島で8分の停車時間があるため、紀伊長島の先で追いつけるかもしれないという淡い期待を持ちながら追っかけを開始しました。時間的に厳しかったので、半ばあきらめムードで車を走らせましたが、ギリギリのタイミングで何とかシャッターを押すことができました。荷坂峠の険しい地形を克服した線路を象徴する風景です。
【2015.11.3 梅ヶ谷~紀伊長島】(電車運転士)

62_dsc122315113

 夕方の333Cまでには時間が空くので、もう少し荷坂峠付近で撮影を続けました。国道260号線と孫太郎方面への県道の分岐点付近から尾根筋に登る遊歩道からは紀伊長島の漁港を見下ろせるポイントがありました。「南紀6号」が漁港を横目に通過して行きます。
【2015.11.3 梅ヶ谷~紀伊長島】(電車運転士)

72_dsc123715113 

 前の写真のポイントからほんの少し移動するだけで荷坂峠へのアプローチ区間をサイドから俯瞰できるポイントがありました。331Cが軽快な足取りで峠を下ってきました。温暖な紀伊半島の海沿い地域ということもあり、紅葉はやっと色づき始めたばかりといった雰囲気でした。
【2015.11.3 梅ヶ谷~紀伊長島】(電車運転士)

82_dsc125815113 

 333Cの多気の発車は1523分、陽が短くなったこの時季は何とか許容の範囲で撮れるのは三瀬谷の鉄橋くらいしかないと思い、現地に向かいました。陰った背景にオレンジツートンと鉄橋が夕方の斜光線に浮かび上がり、印象的な風景に出会うことができました。撮影後、予想以上の場面設定に満足して帰途につきました。
【2015.11.3 三瀬谷~滝原】(電車運転士)

 

|

« DD51 852 の晴れ舞台 | トップページ | モ512 »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

あれ、再び南紀詣ででしたか。お疲れ様でした。こうして拝見すると、やはり晴天下での撮影は素晴らしいですね。327Cからスタートする運用はまだ撮ったことがないので、今後の参考にしたく思います。古里海岸、バッチリですね。再履修したい・・・。
当日は終日好天が見込まれたものの、自分は家のイベントがあり、「鉄」は近場でとどめました。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2015年11月 5日 (木) 10時28分

いよいよカウントダウンが始まりましたね。私自身、高山線が25系化されるまではほとんど紀勢には行っておらず、電車運転士様、出札掛様に触発されて行くようになりましたが、行けば行くほど宿題を持ち帰ってしまうようで、満足というわけには行きません。まだチャンスはあるのでしょうか?(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2015年11月 8日 (日) 22時24分

 度重なる出撃、お疲れ様です。相賀の定番ポイントの朝日はいつ見ても良いですね。確かに良い場所は多いのですが、キハ40ではなかなか出撃する気にならず、その気になるのが大変です。(駅長)

投稿: 駅長 | 2015年11月 9日 (月) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/62615423

この記事へのトラックバック一覧です: 378.秋色通信2015 【懲りない紀勢路詣で】 2015/11/3:

« DD51 852 の晴れ舞台 | トップページ | モ512 »