« さよなら「しらさぎ」、さよなら「トワイライト」 | トップページ | 338.豊橋鉄道市内線の35年前 1980/10/10 »

2015年3月17日 (火)

富山の3月14日ダイヤ改正

 明けてダイヤ改正の3月14日。というか、すでに北陸線最終列車の到着段階で、日が変わって14日になっているのだけれど。

 朝、5時前(睡眠時間は何分?)に富山駅に行くと、すでにこの人だかり。多くはマスコミで、新幹線の取材陣。期待の高さを伺わせます。

0314_0500
 まずは、あいの風とやま鉄道の視察。5時15分にセレモニーもなく、ひそーりと泊行きの一番電車が発車。車掌さんは女性。この写真ではよく分からないけれど、昔のチンチン電車の車掌さんのような車掌かばんを下げてます。

0314_0515
 コンコースに戻ると、すでに新幹線の改札が始まってました。なにかステージで挨拶が行われていたようだけれど、それはパス。

03140522

 5時54分に路面電車の一番電車が富山駅を発車。営業運転最初の車両です。意外にも、これを撮っていたり、乗っていた知人は一人だけ。意外に、皆、軟弱なんだなぁ。

0314_0554
 6時19分発の東京行き「かがやき500号」で新幹線の発車式。さすがにこれはホームの先端には入れず、やむをえず反対側から撮影。

Photo
 続いて、あいの風とやま鉄道の発車式。列車は7時54分発の高岡行428M。車両はあいの風とやま鉄道カラーの521系。バックには、IRいしかわ鉄道カラーの521系が停まってます。

0314_0754_428m

 セレモニーも一段落したので、ここからは駅前に出て市電の撮影。富山駅の出発線は、信号待ちを減らすため、南富山方面と大学前方面の2線構造。同時発車を狙いたいのだけれど、交通信号等の関係があるようで、なかなか撮影できません。

Photo_6
 その富山駅を、ちょっと上から見ると、こんな感じ。この時は、見事に同時発車。さらに、到着車両が2両あって、賑やかな感じの写真が撮れました。(^_^)v

Photo_3
 もっとも、この状態、実は電車が遅れてつまってしまっているわけで、あまりあってはいけないことなのだけれどね。

Photo_4

 路面電車の乗り場は、このように新幹線改札口の正面。新幹線を降りれば、路面電車が待っているわけです。ありそうでなかった公共交通と新幹線のコラボ。今後の駅整備の手本になってくれると良いなぁ。

 富山ではないけれど、おまけの写真。最近の駅整備のトレンドは公共交通重視となってきていて、この2月に完成した姫路の駅前はこのようなバス、タクシーだけが乗り入れることができるトランジットモールになってます。

Photo_5
 自動車中心のまちづくりが、少しずつでも変わりつつあるのかなぁ。

 と、いうことでダイヤ改正の富山の様子をご報告。うーん、何か足りないぞ!そう、新幹線に乗ってないのだ。(^_^;)

 帰りもJRは高いから、高速バスで帰ってきてしまったし。まあ、そのうち、乗る機会もある、ということにしておきましょう。(駅長)

|

« さよなら「しらさぎ」、さよなら「トワイライト」 | トップページ | 338.豊橋鉄道市内線の35年前 1980/10/10 »

コメント

富山は前日に引き続きダイヤ改正当日も大賑わいのようでしたね。数々の歴史的瞬間に立ち会われたことは羨ましく思います。地鉄市内線の駅直下への乗り入れ、ライトレールとの直通運転が一歩現実に近づいたということでしょうか。こちらも今後の展開が楽しみです。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2015年3月18日 (水) 13時52分

華やかに生まれ変わった富山駅と3セクに格下げ?された在来線との対比が面白く目に映りました。市内線の2方向同時発車配線やサークル状の歩行者通路など、急に垢抜けてしまいましたね。駅の真ん中に潜り込んだ路面電車から新幹線にすぐアクセスできる点やライトレールとの相互乗り入れなどは富山の公共交通の将来性を感じさせてくれます。まだまだ近代化に向けて脱皮していく富山駅周辺に注目していきたく思います。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2015年3月18日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/61296571

この記事へのトラックバック一覧です: 富山の3月14日ダイヤ改正:

« さよなら「しらさぎ」、さよなら「トワイライト」 | トップページ | 338.豊橋鉄道市内線の35年前 1980/10/10 »