« 豊橋市電花電車 | トップページ | たかおかくりから »

2014年10月12日 (日)

304.1980年夏 信州撮り鉄行脚 5号車 【小海線】 1980/8/26

 先週に続き、2週連続で台風が東海地方を直撃しそうな様相を呈していますが、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。おかげで3連休の予定変更せざるを得なかったメンバーの方もいらっしゃったのではないでしょうか。自分的にはよんどころない事情で家族運用に縛られる状況が続きそうで、しばらく休鉄になるかもしれません。ということで、この3連休は鉄活動は封印状態となりましたので、続きの過去ネタで場を凌ぎたいと思います。

1280826 信州撮り鉄行脚の5号車は小海線としました。小海線の小諸~小海にはDD16の貨物列車が運転されており、それをターゲットとしました。天気はご覧のとおりのドン曇りか小雨模様、期待した浅間山バックは諦めざるを得ず、仕方なく代替ポイントを探すべく沿線をロケハンしましたが、満足のいくポイントを見つけられないまま時間切れ、中途半端なポイントでの撮影となってしまいました。ローカル線の貨物列車らしいいで立ちでDD16が姿を現しました。
【1980.8.26 八千穂~高岩】(電車運転士)

2280826_2 よく見ると牽引機はトップナンバーでした。DD16のトップナンバーは中込機関区に配置されており、小海線の貨物列車を地道に牽いていました。因みにDD16 1は車両メーカー製ではなく長野工場で新製され、当時では珍しくなった国鉄工場直轄製造の機関車でした。流し方が足りませんでしたが、トップナンバーのサイドビューを捕えることができたのは想定外の収穫でした。
【1980.8.26 八千穂~高岩】(電車運転士)

3280826_2 その後、野辺山に移動しましたが、霧雨状態で、標高が高いこの辺りは8月というのに長袖は必要なくらい肌寒い状況でした。こんな天気では八ヶ岳が見えるはずもなく、やる気をなくして待合室で無為な時間を潰していたところ、列車が来る時間ではないのに遠くで踏切の音が聞こえ、何が来るのだろうと列車の来る方向を覗いて見るとDD16の姿が見えたので、慌てて駅構内外れの踏切までダッシュしました。列車はDD16のホキ工臨で、わかっていればもっとまともなポイントで撮れたのにと悔しい思いが頭の中をよぎりましたが、後の祭り、まあシャッターを押せただけでもよしと気持ちを切り替えました。
【1980.8.26 野辺山】(電車運転士)

4280826_2 気温が下がるにつれて霧がどんどん濃くなってきました。 こんな状況では駅間で撮ってもどうしようもなく、駅撮りでお茶を濁すしかありませんでした。ちょっと前までは観光客で賑わっていた駅もその喧騒はどこへやら、ひっそりとしたたたずまいを見せていました。今は観光客受けするような駅舎に建て替えられ、駅を取り巻く雰囲気は大きく様変わりしてしまったようです。
【1980.8.26 野辺山】(電車運転士)

5280826_2 霧はさらに濃度を増し、辺りは見とおしも効かず、乳白色の世界に包まれてしまいました。ダメ元で近くの踏切まで行ってみましたが、列車の姿はまともに見えず、こんな写真しか撮れませんでした。一応、DD16の貨物列車は何本か撮れたものの、何か消化不良の1日となってしまいました。
【1980.8.26 信濃川上~野辺山】(電車運転士)

●次の目的地 上田交通

●移動行程 野辺山→小諸→上田ステーションホテル→上田交通

|

« 豊橋市電花電車 | トップページ | たかおかくりから »

「電車運転士」カテゴリの記事

コメント

1980年はまだ小海線にDD16が走っていたのですね。この頃は全くと言っていいほど貨物列車には興味がなく、来れば撮る、といった程度でしたので、ローカル線の貨物は全く撮っていません。
夏の野辺山あたりは本当によくキリが出ますね。私も2回ほどどうしようもなかったことがあります。乗り鉄で行くと移動もできず、無駄な1日を過ごしてしまうことになりますね。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2014年10月13日 (月) 12時44分

 小海線というとC56のイメージが強く、蒸機なきあとは撮影に行こうとも思いませんでしたが、今になってみるとDD16牽引の貨物はあまり記録もなくて、貴重ですね。もっともこの路線、八ヶ岳の雄大な景色があってこそ、ともいえるので、天気が悪いと絵にはなりづらいですね。野辺山の駅、まだ蒸機時代と変わらず、観光地化していないのが良い雰囲気を醸し出しています。(駅長)

投稿: 駅長 | 2014年10月13日 (月) 13時37分

小海線にはDD16がお似合いですね。まさしく電車運転士様巡礼の地ではないのでしょうか。
画像を拝見する限り、かなり濃い霧が発生したようですが、逆手にとって幻想的なシーンと解釈しました。自分は小海線で霧に見舞われた経験はありませんが(→それほど通っていないので)、あの風景が台無しになることを想像すると、確かに辛いものがあります。(出札掛)

投稿: 出札掛 | 2014年10月13日 (月) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591904/60467364

この記事へのトラックバック一覧です: 304.1980年夏 信州撮り鉄行脚 5号車 【小海線】 1980/8/26:

« 豊橋市電花電車 | トップページ | たかおかくりから »