« スペイン高速鉄道の事故 | トップページ | 【アーカイブス】知多新線開業の頃 »

2013年7月27日 (土)

DD16の晴れ舞台 【越美南線トロッコ列車】

電車運転士様のDD16記事に触発されて、ふと越美南線で走った懐かしい「清流ながら号」を思い出しました。希少価値のDD16が各地で活躍していたときの印象深い場面はいくらでもあるでしょうが、個人的にはこの列車が最も強く印象に残っています。
運転されたのは夏休み期間中だったので、記事にするには時期的にちょうどいいかなと思い、28年前の夏を振り返ってみました。 
  
  

9336_3
  ●初年度1985年の運転日 7月27日~8月31日の毎日
  ●美濃太田発11:02 ー 9333レ ー 美濃白鳥着13:07
  ●美濃白鳥発14:12 ー 9336レ - 美濃太田着16:20
  ●停車(客扱)駅  美濃市・美濃下川・郡上八幡


1985年は国鉄の分割民営化を数年後にひかえ、全国津々浦々でジョイフルトレインやイベント列車が目白押しに運転されて沿線を賑わしていましたが、次なる戦略として貨車を改造したトロッコ列車が、これまた各地で姿を現し始めていました。地元の名古屋鉄道管理局(→懐かしい響き)においても例に漏れず、同年の夏休み期間中には赤字ローカル線第二次廃止対象の越美南線にトロッコ列車が運転されることになりましたが、充当される編成を知ってびっくり!徐々に活躍の場が狭められてきたDD16がトロッコ+旧客編成を牽いて毎日のようにローカル線を走ることになろうとは、まさに垂涎ものでした。

8582579336当時は毎日ヒマな大学生の夏休み。諸条件が整えば(→バイトの予定が入っていない/自家用車が空いている/天候が良い)、ヒマに任せて越美南線に向けて車を走らせていました。そういえばこの年の夏は、まだ自動車免許を取得したばかり。越美南線は自宅から最短でも1時間以内に到達できる距離とはいえ、まだ車の運転に慣れていないのによくも出かけたものだ、と我ながらあきれ返ります。きっと、車を使った撮り鉄に憧れていたのでしょう。


858211


858212列車の速度が遅いので、知らないうちに追いついて何度となく撮影が出来ました。


Tmkたしか、美濃太田ー美濃市の区間はトロッコ車両への乗車は認められていなかったと思います。この画像は富加付近なので、乗客の姿は客車側にしか見えません。


Srtr一度だけ終点・美濃白鳥まで追跡しました。折しも上り美濃太田行普通列車が到着。撮影は8月21日ですが、すでに二学期が始まっていたのか、たまたま出校日だったのか、通学生で駅は賑やかでした。
(あれ、この日って電車運転士様の車に便乗して撮影に出かけていましたっけ?)



  Smkwトロッコ列車を楽しんだ乗客が美濃下川で下車して、駅員と共に列車を見送ります。


  

  
  
 
  
108月22日の一日だけは、DD16の検査都合のためDE10が登板することになっていたので、わざわざこのために出かけました。ところが翌年はDE10が所定牽引となり、残念なことにDD16が活躍するシーンには二度と出会えませんでした。DD16にとっては1シーズン限りの晴れ舞台を、もっと楽しんでおけばよかったなと少し悔んでいます。

 
  
8219336_2飯山線や小海線でも実証されたように、今どきDD16が「清流ながら」のように旧客を牽引して走るともなれば、必ずと言っていいほど沿線は激パ状態となります。DD16の人気の高さがうかがえますが、客寄せパンダと化してしまった感が否めません。

電車運転士様が撮られていたDD16の現役時代に、のんびりと撮りたかったですね。(出札掛)

|

« スペイン高速鉄道の事故 | トップページ | 【アーカイブス】知多新線開業の頃 »

出札掛」カテゴリの記事

コメント

 清流ながら、懐かしいですね。何度か撮影に行ってます。DD16の時代は1年だけでしたか・・・・乗ったのはDD16か、DE10か、どっちの時だったかな。
 撮影ポジションを見ると、定番の場所が多いので、同じようなアングルの写真がストックにあるはずです。
 この頃は、イベント列車花盛りの「良き時代」でしたが、少々、食傷気味出会ったのは事実。でも、今時、こんな列車が走ったら、パニックどころではないですよね。のんびり撮れたことでは、「良き時代」であったのは間違いないでしょう。(駅長)

投稿: 駅長 | 2013年7月27日 (土) 13時43分

この列車、DD16フリークとしては見逃すことのできない列車だったので、運転期間中の休みはほとんど越美南線詣でをしていました。その中で出札掛様とご一緒させていただいたこともあったかもしれません(記憶が曖昧で申し訳ないです(*_ _))。トラ90000はトロッコ列車らしいペイントがされていましたが、両端のオハフ46は手が加えられておらず好ましい編成でした。代走のDE10も2ケタの若番でこれはこれで貴重ではないでしょうか。「清流ながら」は2シーズンの運転でしたが、DD16の登板は最初のシーズンだけで終わってしまったのが残念です。(電車運転士)

投稿: 電車運転士 | 2013年7月27日 (土) 16時43分

そーでした、DD16は1シーズンでしたね。この年1985年は自分も通いました。この頃はいかんせん足がなく、鉄道と岐阜バスを駆使してましたが、一度は岐阜バスが途中でエンコして、フイにした記憶があります。
翌年も設定があったのでしょうが、記録に残ってません。1987年には飯田線に転じてしまいましたので、残念です。(検査掛)

投稿: 検査掛 | 2013年7月30日 (火) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DD16の晴れ舞台 【越美南線トロッコ列車】:

« スペイン高速鉄道の事故 | トップページ | 【アーカイブス】知多新線開業の頃 »